部屋の片付け代行業者とは?料金相場やハウスクリーニング等との違い

部屋の片付け代行業者とは?料金相場やハウスクリーニング等との違い

はじめに

部屋を片付けないといけないと思っても、なかなか時間がとれないときや、どうしても物が捨てられないときは誰かにやってほしいですよね。

そんなときに便利なのが、部屋の片づけ代行業者です。これは汚部屋の掃除やハウスクリーニングとは違います。これらの似ているけれど違う業者との差をはっきりさせておかないと、片付けをお願いしたいだけなのに高くついてしまうことさえあり得ます。

 

この記事では、部屋の片づけ代行業者についてと、料金相場について詳しく解説していきます。

 

部屋の片づけ代行業者が行うこと

部屋の片づけ代行業者が行うことは大きくわけて以下の3つです。

  • 整理
  • 収納
  • 整理収納に関するアドバイス

 

例えば、本棚に入りきらないほどの漫画や本がある場合、まずは本棚のものを全て出してしまいます。

そして、大きい本・小さい本・必要な本・不要な本・迷っている本などと、仕分けしていきます。もちろん、要不要に関しては依頼人に仕分けてもらいますし、迷う場合はスタッフに相談することも可能です。

 

次に、本棚を清掃し、きれいに整理して収納します。最後にまた散らからないようにアドバイスを受けるという順序です。

そのため、部屋の片づけ代行業者は家事代行と言えるほど、誰にでもできるけれど面倒なことを行います。しかし、それだけではありません。誰にでもできないプロだからこそできることは、「収納」と「アドバイス」です。

 

片づけ代行業者は、出したものをただ戻すことはしません。依頼人のライフスタイル、行動導線を頭に入れ、デッドスペースの有効利用をしつつ、取り出しやすいように、生活しやすいように収納します。

そして、このようなテクニックに関してだけではなく、精神面に関してもアドバイスが可能です。ライフスタイルや家族構成など、疑問や不安がある場合も相談できるので、ぜひなんでも聞いてみてください。

 

また、片づけ代行業者はあくまでも片づけをする業者なので、ゴミ出しは自分でしなければなりません。不用品の処分もしてもらいたい場合は、不用品の処分も行っている片づけ代行業者に依頼するか、別途で不用品回収業者に依頼する必要があります。

 

片付けに加えて、不用品の回収も行っている業者に依頼すれば時間の節約にもなるので、おすすめです。

 

部屋の片づけ代行業者の料金相場を知って安く依頼しよう

次に、部屋の片づけ代行業者の料金相場を確認してみましょう。

部屋の片づけ代行業者の料金体系は、「時間制」と「部屋の間取り」の2タイプあります。

 

「時間制」の業者の場合、1人体制で1時間4,000円~5,000円です。これに加えて、交通費が1,000円ほどかかります。スタッフが車で行く際には、駐車場の料金も追加される場合もあるので注意をしてください。

時間内に終わらない場合は30分につき2,500円ほどかかるため、時間制の業者はクローゼットの片づけ・本棚の片づけなど、一部分だけの利用がおすすめです。

また、業者によっては「最低利用時間」が設定されている業者もあるので、利用の際はよく確認してください。そして、この相場には不用品の処分費は含まれていません。

 

「部屋の間取り」制を採用している業者の場合は、片づける物の量で金額が変わるため、あくまでも参考程度に考えてください。そして、この相場は不用品の処分費も含まれています。不用品を自分で片づける場合は、もう少し安くなるはずです。

 

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

 

また、この相場よりあまりにも安い業者は、悪徳業者の可能性が否めないため、口コミやSNSなどで情報収集をしっかり行ってください。そして、この相場よりも安く済ませたい場合は、最初から安い業者に依頼するのではなく、相場の業者から値切るか、クーポンやWEB割引などをうまく使いましょう。

 

値切るには相見積もりが一番です。複数の業者に見積もりを依頼し、価格競争を起こさせるのです。そのため、最低3社に見積りを依頼することにはなりますが、確実に値段が下がるでしょう。

 

そして、買取を行っている業者なら、よりお得に片づけてもらえますので、新しめの物が多い場合はおすすめです。クーポンなどはWEBサイト限定で扱っている業者も多いので、必ずチェックをしてみてください。

 

汚部屋やゴミ屋敷の清掃とハウスクリーニング、特殊清掃、部屋の片づけ代行の違い

 

汚部屋やゴミ屋敷の清掃とハウスクリーニング、特殊清掃、部屋の片づけは似ていますが別のものです。

 

それぞれに依頼する際には、違いを明確にしておかないと、後から損をしてしまいます。

まずはそれぞれの特徴を記載してみましょう。

汚部屋やゴミ屋敷の清掃 ハウスクリーニング 特殊清掃 部屋の片づけ
大量の不用品の処分と清掃・汚れ落とし 特定箇所の専門的な清掃や汚れ落とし 事故や事件があった部屋の清掃 整理整頓
貴重品の選別 賃貸物件退去時に行う清掃や汚れ落とし 簡単な清掃

 

汚部屋やゴミ屋敷の清掃と特殊清掃は、プロにしかできない作業です。目的が「部屋をもう一度使える状態に戻すこと」だからです。特に異臭や害虫対処は素人には難しいでしょう。

 

ハウスクリーニングや部屋の片づけは、あくまでも家事の委託のようなものです。中には家事代行としてハウスクリーニングを行う業者もあるため、自分が何をしてもらいたいかを正確に把握しておく必要があります。

 

次に、汚部屋やゴミ屋敷の清掃とハウスクリーニング、特殊清掃、部屋の片づけ業者が行える内容を記載しておきましょう。業者により以下の内容のうちいくつかがオプションになることもありますので、詳しくは各業者のホームページをご覧ください。

 

汚部屋やゴミ屋敷の清掃 ハウスクリーニング 特殊清掃 部屋の片づけ
不用品の回収 エアコンの室内機/室外機の掃除 エアコン洗浄 整理
部屋のクリーニング 壁のくすみ取りや傷の修復 害虫駆除 収納
貴重品の選別 床のワックスがけや除菌コーティング等 脱臭・除菌 整理収納に関するアドバイス
脱臭・除菌 換気扇の掃除 壁材や床材の張り替え・畳の交換 定期的な片付け
害虫駆除 浴室のカビ取り、鏡のウロコ取り、排水口掃除 ハウスクリーニング 簡単な清掃
清掃 トイレの尿石取りや、便器と床の境目の掃除 原状回復リフォーム
キッチンの油汚れなどの清掃 遺品整理
畳等の撤去

 

片づけ代行業者に依頼する前に行いたいこと

片づけを依頼するときに、以下のことを事前に行っておくことをおすすめします。

 

見積もり依頼時に詳細を伝える

部屋の広さはもちろん、不用品の量や買取品の有無は、トラブルを避けるためにもできるだけ詳しく伝えると良いでしょう。

 

損害賠償保険に加入している業者か否かをチェックする

片づけ代行業者は細心の注意を払って作業をしていますが、部屋を傷つけられたり、必要なものを捨てられてしまうことがないとは限りません。万が一のときのための保険に入っている業者の方が安心ですし、きちんとした対応をしてもらえるでしょう。

 

簡単な片付けは自分でしておく

特に時間制の料金体系の業者に依頼する際は、簡単に片づけておくか、多少の分別だけでもしておくと時間の短縮になります。少しだけでも構わないので、手を付けておくと良いでしょう。

 

まとめ

部屋の片づけ代行業者は、あくまでも片づけをする業者です。部屋の本格的なクリーニングや汚部屋の清掃を依頼したい場合は、それらを扱っている業者に依頼してください。

 

エコキャットでは、汚部屋やゴミ屋敷の清掃とハウスクリーニング、特殊清掃、部屋の片づけ、不用品回収、家電の買取、家具移動など、部屋をきれいにすることに関しては全てにおいて揃っています。明瞭会計でクーポン券も充実しているので、部屋をきれいにしたい方はぜひ、ご検討ください。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com