生ゴミの適切な処理方法4選!悪臭や害虫を防ぐためにできること

生ゴミの適切な処理方法4選!悪臭や害虫を防ぐためにできること

この記事では、生ゴミの適切な処分方法について紹介しています

 

生ゴミを大量に溜め込んでしまうと、そのあとの処理が大変になるため、手っ取り早く処分しておきたいところです。

 

特に夏場になると、雑菌の繁殖や腐敗が進みやすくなるため、悪臭を発しやすくなります。

 

生ゴミを溜め込みすぎると、ニオイが充満したり、酷い場合は近所の人とのトラブルに繋がることもあるため、正しい処理方法を知る必要があるのです。

 

この記事を参考に、生ゴミが溜まる前に処理できるようにしておくことをおすすめします。

 

生ゴミの適切な処分方法4選

 

 

生ゴミから漂う悪臭や、夏場に発生しやすいコバエなどの害虫をシャットダウンするために、生ゴミの適切な処理方法を紹介します。

 

おすすめの生ゴミ処理方法は、以下の4つです。

 

  • 水気を切る
  • シンク外にゴミ袋を用意して直接入れる
  • 新聞紙や広告で包む
  • 重曹スプレーを生ゴミにかける

 

方法1.水気を切る

 

 

生ゴミから悪臭が発生してしまうのは、水分がある状態で放置してしまうことが原因です。

 

そのため、水気をしっかり切っておくことが大切になります。

 

シンクに設置している三角コーナーや排水の受け口の近くに、ビニール袋を置いてそこに生ゴミを入れている人もいると思います。

 

しかし、それでは水分が溜まりやすく、十分に水切りができないためおすすめできません。

 

三角コーナーを使用している場合には、水切りネットにしたり、穴の開いた三角コーナー専用の袋を使用したりしてください。

 

そうすることで、水気を切りやすくなります。

 

方法2.シンク外にゴミ袋を用意して直接入れる

 

 

水気を切るために効果的な方法として、シンクの外にゴミ袋を設置しておくという方法もおすすめできます。

 

シンクの中や三角コーナーを活用するとなると、どうしても袋や生ゴミに水気が入りやすくなってしまいます。

 

例えば野菜の皮をむく時のことを考えてみます。

 

  • 三角コーナーに生ゴミを捨てて、そのあと洗い物などで水をかけてしまう状態
  • シンクの外のゴミ袋に野菜の皮を捨て、その後は一切水がかからない状態

 

この両者を比較してみると、後者のほうが水気を含ませてしまう心配がありません。

 

水気さえカットできれば悪臭を放ちにくくなりますので、シンクの外に生ゴミを入れる袋を用意しておくこともおすすめです。

 

方法3.新聞紙や広告で包む

 

 

生ゴミが一定量溜まり、ゴミ袋に捨てる場合は、水気がしっかり切れるように、新聞紙や広告などの紙でくるむようにしましょう。

 

新聞紙や広告がなければ、何かの包装紙や普通の紙でも問題ありません

 

紙が生ゴミの水分をしっかりと吸収してくれるため、水気がほぼない状態でゴミ袋に捨てることができます。

 

新聞紙に直接生ゴミをくるんでもOKですし、新聞紙にくるんだ生ゴミをビニール袋に入れ、そのあとでゴミ袋に捨てるのもOKです。

 

よりしっかりと悪臭を防ぎたい場合には、後者のほうがおすすめできます。

 

また、新聞紙にくるむことで、見た目的に汚いという面もカバーすることができます。

 

生ゴミがゴミ袋から見えている状態だと、気分的にあまり良くありません。

 

新聞紙にくるんでおけば汚いという印象も薄くなりやすく、害虫もよせつけにくいので一石二鳥です。

 

方法4.重曹スプレーを生ゴミにかける

 

 

生ゴミを新聞紙にくるんでから捨てた場合にも、あまりに放置期間が長かったり、大量の生ゴミである場合には、悪臭が気になってくる時期もあります。

 

そのような場合には、重曹スプレーを生ゴミにかけてみてください

 

重曹スプレーの作り方は、以下のとおりです。

 

◆必要なもの

 

  • 重曹
  • スプレーボトル
  • 計量カップ
  • 計量スプーン
  • 水 200ml

 

水以外の材料は全て100円均一で揃えることができるので、コスパも良いです。

 

◆重曹スプレーの作り方

 

  • 計量カップに水と重曹小さじ2杯を入れる
  • よくかき混ぜて重曹を溶かす
  • スプレーボトルに入れる

 

重曹スプレーを作っておけば、掃除にも使えるのでとても便利です。

 

キッチンの近くに置いておき、すぐに使えるようにしておくことをおすすめします。

 

この重曹スプレーを、生ゴミを捨てる前にシュッと吹きかけるだけで、生ゴミ特有の悪臭をしばらく消すことができます。

 

長期間生ゴミが捨てられない場合や、できるだけニオイを抑えたいという場合に重宝しますので、試してみてください。

 

生ゴミを放置するとこうなる!

 

 

「生ゴミを放置しても、少しくらい大丈夫でしょう?」と思っている人もいると思いますが、生ゴミがもたらすトラブルはとても大きいです。

 

生ゴミを放置してしまうと、以下のようなトラブルが発生しやすくなります

 

  • 害虫が発生する
  • 悪臭が充満する
  • カビが生えやすくなる

 

1.害虫が発生する

 

 

生ゴミを放置すると、コバエやウジなどの害虫が発生しやすくなります。

 

ゴキブリ、ネズミなども出やすくなってしまうため、衛生上よくありません。

 

夏場には、数日生ゴミを放置するだけで、大量のハエが発生しやすくなります。

 

ハエは、生ゴミに卵を産み、幼虫などウジを発生させます。

 

見た目が不快なだけではなく、掃除をすることを考えても手間や苦痛を伴いますので、そういった害虫を発生させないようにすべきです。

 

コバエの中でもイエバエの場合、食中毒に関係する大腸菌0-157にも関係があるため、注意が必要となります。

 

2.悪臭が充満する

 

 

生ゴミを放置してしまうと、腐敗臭が漂います。

 

この悪臭の原因は、先ほど紹介した水分に加えて、雑菌の繁殖があるためです。

 

水分と湿度が多いと、雑菌の繁殖が進みやすくなるため、悪臭が充満しやすくなります。

 

生ゴミが夏場に悪臭を発しやすくなるのはこのようなことが関係しているため、夏場は特に生ゴミの処理方法には注意しなくてはなりません。

 

あまりにひどいと、ご近所とのトラブルになったり、住んでいる自宅自体が苦痛の空間になってしまったりすることもあります。

 

3.カビが生えやすくなる

 

 

生ゴミを放置したり、大量に溜め込んだりすることで、カビが生えやすくなってしまいます。

 

生ゴミは、カビが発生しやすい食べカスや水分が中心となっているため、カビが繁殖しやすい状態です。

 

カビが生えた生ゴミをさらに放置してしまうと、カビの胞子が空気中に拡散されるため、ゴミ箱やキッチンにもカビが生えやすくなってしまいます。

 

カビがキッチンやゴミ箱だけに生えるならまだしも、空気中を胞子が飛ぶため、気管支炎や食中毒になってしまう可能性もあります

 

衛生面でも良くありませんので、生ごみ処理をしっかりと行わなくてはなりません。

 

大量の生ゴミの処理はゴミ屋敷掃除の依頼でエコキャットへ!

 

https://eco-cat.net/

https://eco-cat.net/

 

「あまりにも大量に生ゴミが出てしまい、処理に困っている」「ウジやハエが大量にわいてしまって、自分ではどうしようもできない」という人もいると思います。

 

そのような場合には誰かに掃除してほしいと思ってしまいますが、そういった時に頼れるのが「エコキャット」です。

 

エコキャットでは、生ゴミ掃除という名目ではサービスを用意していませんが、ゴミ屋敷掃除であれば対応が可能です。

 

エコキャットのゴミ屋敷掃除であれば、生ゴミだけではなくついでに自宅の不用品や粗大ゴミも処分することができます

 

エコキャットでは、以下のようなサービスを提供しています。

 

  • 搬出・分別はお任せでOK
  • 即日対応可能
  • トラック積み放題プランあり
  • 出張見積もりが無料

 

1.搬出・分別はお任せでOK

 

 

ゴミ屋敷掃除で依頼した場合、不用品やゴミの搬出・分別は全てエコキャットにお任せいただけます。

 

お客様に直接お手伝いいただく箇所がありませんので、手間がかからず、スムーズに作業が完了します。

 

作業員は搬出や分別の際、ご自宅に傷をつけてしまうことがないよう充分に配慮し、プロスタッフが作業を行いますので、安心してご依頼いただくことが可能です。

 

高齢の方や女性の一人暮らしの方も、生ゴミ処分と同時に、不要になった大きな家具や家財の搬出をお任せすることができますので、とても楽です。

 

2.即日対応可能

 

 

エコキャットでは、東京・神奈川・千葉・埼玉で、常にトラックが巡回しています。

 

そのため、ご依頼をいただいてからすぐにご自宅に伺うことができ、その場で見積からご依頼までを済ませていただくことが可能です。

 

急ぎで処分したい、時間がないというお客様にも気軽にご利用いただけるサービスを整えておりますので、ぜひご用命ください。

 

3.トラック積み放題プランあり

 

 

大量の粗大ゴミや生ゴミ、不用品などがある場合でも、エコキャットなら安心です。

 

軽トラックから4tトラックまで、様々な容量のトラック積み放題プランをご用意しておりますので、大量のゴミ回収も可能となっています。

 

片付けの最中で追加で積み込みたいものがある場合でも、料金変わらず安心してご利用いただけます

 

4.出張見積もりが無料

 

 

エコキャットでは、出張見積もりが無料となっています。

 

実際にどのくらいの容量の不用品やゴミが出るか分からないというお客様も、出張見積もりをご依頼いただければ、実際にご自宅にお伺いし、内容量を見た上で最適なプラン等をご提案いたします

 

出張見積もりをご依頼いただくことで、エコキャットのスタッフの雰囲気や対応なども把握していただけます。

 

もちろん出張見積もりで納得いただけなかった場合にはキャンセル可能です。

 

無料で見積が可能ですので、お気軽にご依頼ください。

 

まとめ

 

 

年中出てしまう生ゴミから発生する、悪臭や害虫を防ぐために、生ゴミを適切に処理する方法について紹介しました。

 

生ゴミの処理は、都度適切に行わなくては、自宅が悪臭と害虫だらけになってしまい、衛生面でもよくありません

 

酷い場合には近所の人とのトラブルに発展してしまうこともあるため、生ゴミ処理の正しい知識をつけておくことが大切です。

 

また、自分ではどうしようもなくなってしまった生ゴミ処理・処分については、エコキャットのゴミ屋敷掃除の依頼で解決することもできます

 

見積り無料、キャンセルもできますので、まずはお気軽にエコキャットにご相談ください。

 

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com