神奈川県相模原市の行政と不用品回収業者、どっちがお得?

神奈川県相模原市の行政と不用品回収業者、どっちがお得?

はじめに

神奈川県相模原市で粗大ゴミを処分する場合、行政の回収と不用品回収業者、どちらがお得なのかは、粗大ゴミの量によって決まります。この記事では、お得になるパターン別に詳しく解説していますので、どちらに出すか悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

 

行政がお得になるパターン

処分したい粗大ゴミが少量の場合は行政がお得です。

相模原市の行政の買取価格を一部記載してみましょう。

 

アイロン 400円
加湿器 400円
空気清浄機 400円
食器洗い乾燥機 800円
ついたて 800円
テーブル(最大の辺または径が1メートル未満のもの) 800円
ベビーベッド 400円
電子オルガン 2,400円
携帯用発電機 800円
はしご、脚立 400円

行政の回収価格は、最低価格400円という破格なので、この値段は民間業者には真似できません。

ただし、行政の粗大ゴミ回収にはデメリットが沢山あります。

 

行政による粗大ゴミ回収のデメリット

行政の粗大ゴミ回収には、以下のようなデメリットがあります。

 

  • 希望日に処分することができない
  • 事前申し込みが必要
  • 粗大ゴミ回収シールが必要
  • 粗大ゴミ回収シールに名前や部屋番号を記載しなければならない
  • 収集日の朝8時半までに指定場所に不用品を持っていく必要がある
  • 買取はされない
  • 回収対象外の品が多い

 

行政の粗大ゴミ回収は、即日ではないうえ、希望日も伝えることはできません。回収の目安は7〜14日後で、年末年始や引越しシーズンの場合は、長くて半月ほどかかることもあります。

 

さらに、事前申し込みをしてからも、料金分の粗大ゴミ回収シールを販売店で購入し、シールに名前か受付番号を記載しなければなりません。集合住宅の場合は部屋番号も記載します。

 

そして、一番ネックになる可能性が高いのが、指定場所に不用品を持っていかなければならないことです。自宅前で回収してもらえる場合はまだしも、少し距離があるところを指定されてしまうと、運ぶことができないこともあり得ます。そのうえ、朝8時半までに出さなければならないため、歩道など、事前に出しておけない場所を指定されると、当日朝があわただしくなるでしょう。

 

また、買取システムはありませんので、家電やパソコンなど、リサイクル法により守られている品物は、回収に出すことができません。他にも相模原市の回収に出せない品があるので、まとめました。これだけの量を覚えることはできないため、回収に出したい際は、事前に確認する必要があります。

 

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫/冷凍庫
  • 洗濯機/乾燥機
  • パソコン
  • ゲーム機
  • カメラ
  • 携帯電話
  • 自動車(部品含む)
  • オートバイ(部品含む)
  • タイヤ(ホイール含む)
  • バッテリー
  • 土、石、砂
  • 石膏ボード
  • コンクリート製品(コンクリートブロック、つけもの石、物干し台は除く)
  • ピアノ
  • 畳(1/3以下の大きさに切れば、粗大ごみ受入施設への持ち込みに限り可)
  • LPガス容器
  • 消火器
  • 灯油・オイルなど
  • 農薬など
  • 塗料など
  • 中身の入っているカセットボンベ、スプレー缶など
  • その他、粗大ごみのうち、一辺の長さが2メートルを超えるもの、厚さが2ミリメートルを超える金属、太さが10センチメートルを超える剪定枝など

 

以上のように、行政の粗大ゴミ回収は破格ですが、その分手間がかかるうえ、出せないものも多いです。しかし、この手間と出せないものさえ問題にならなければ、粗大ゴミが少ない場合は行政に出した方がお得でしょう。

そのうえ、行政の粗大ゴミ回収は、トラブルが少ないのもメリットのひとつと言えます。

 

不用品回収業者がお得になるパターン

不用品回収業者は高いイメージがあります。実は、粗大ゴミが多ければ多い程、不用品回収業者がお得です。なぜなら、トラック載せ放題プランという定額プランがあるからです。以下に相場を記載してみましょう。

 

軽トラック 15,000円
1.5トントラック 35,000円~40,000円
2トントラック 50,000円~60,000円
4トントラック 80,000円

 

軽トラックの荷台は約2.8㎡です。これは、A3サイズのダンボール18個程であり、家具に置き換えると以下のようになります。行政の回収や家電リサイクルに出した場合の料金とともに表にまとめてみましょう。

 

品物 行政の回収や家電リサイクルの料金
高さ130cmまでの冷蔵庫 170リットル以下なら3,740円
洗濯機 3,261円
テレビ 液晶プラズマ3,352円
ベッドマット(シングル) スプリング付きのもの2,800円
本棚(3段程度) 高さおよび幅が1メートル未満のもの800円
1人用こたつ 最大の辺または径が1メートル未満のもの400円
高さ120cmまでのタンス 高さまたは幅が1メートル以上のもの1,600円

 

家電リサイクル料金は、メーカーや大きさにより違いますので、一概には言えませんが、これらをひとつずつ行政の回収や家電リサイクルに出すと、手間がかかるうえ、合計で15,953円かかります。そのため、粗大ゴミ回収業者の軽トラック載せ放題プランを利用した方がお得なうえ、楽でしょう。そして、買取を行っている業者に頼めば、買取分が相殺されるため、より安く回収してもらえます。

 

また、この定額プランなら、隙間に段ボールや生ゴミ、シュレッダーくず、食器なども積むことができるため、他に細かいゴミがある場合は、よりお得になるでしょう。

 

そのうえ、不用品回収業者なら、自分で運ぶ必要がないうえ、即日回収も可能です。もちろん、希望日を伝えることもできるため、すぐに処分したい場合や、引越しなどの日取りが決まっている場合も、不用品回収業者をおすすめします。

 

しかし、不用品回収業者を利用するにも、3つのデメリットがあります。

 

不用品回収業者のデメリット

不用品回収業者のデメリットは、以下の通りです。

 

1、見積もりを事前に作る必要がある

見積もりは電話で済む場合もありますし、即日回収の場合はその場で作りますが、本来ならば数社に見積もりを作成させるべきです。なぜなら、「他店より一円でも高ければ値下げします」という記載がある業者が多いからです。価格競争を起こさせれば、値下げしてもらえることがありますので、使わない手はありません。もちろん、見積もりは無料でキャンセルできるので、安心して利用してください。

 

2、価格が高い

価格の高さに関しては、前述の通り安く済む場合もありますが、単品で回収してもらう場合は、行政の回収よりも高くつきます。

例えば、不用品回収業者の相場と、相模原市の行政の回収金額を比べると、以下の通りです。

 

品目 不用品回収業者の相場 相模原市の行政
電子レンジ 5,00円~1,500円 800円
こたつ 1,000円~3,000円 400円か800円(大きさによる)
ストーブ 1,000円~1,500円 400円
扇風機 500円~1,500円 400円
空気清浄機 500円~1,500円 400円
ベッド 3,500円~7,000円 1,600円

 

このように、行政の方が高くつくかもしれない品は電子レンジのみで、他は大きく行政がリードしています。ただし、不用品回収業者の中には買取を行っている業者もあるため、買取を考えるならば、不用品回収業者に頼む以外にありません。

 

3、悪徳業者が存在する

不用品回収業者の最大のデメリットは、悪徳業者が存在することです。彼らは、安い金額でお客を釣り、後から高額な金額を支払わせます。そのうえ、引き取った不用品は国内外に不法投棄されるため、プライバシーを守ることができないばかりか、地球の環境をも壊しているのが現状です。

 

相模原市のホームページにも、【「無料と思っていたら、後で有料といわれた。積んだ後で、高額な料金を請求された。」などといったトラブルが発生しています。】という注意喚起のページがあります。(https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/recycle/1008261.html)

 

放送を流しながらトラックを巡回させている「トラック型不用品回収」、住宅街の一角で行う「拠点型不用品回収」、チラシを配って回収する「チラシ型不用品回収」で回収する行為は、相模原市では認められていませんので、利用しないようにしてください。

 

まとめ

行政と不用品回収業者、どちらがお得かというと、単品価格では行政です。しかし、それには自分で仕分け、連絡、シールの購入、運搬、という仕事を行わなければならないうえ、回収日を選べないというデメリットがありました。

 

反面、不用品回収業者は、料金が高いのは単品で回収してもらう場合のみで、不用品の数が多ければ行政よりもお得になることがわかりました。
ただし、悪徳業者が存在することに関しては、自分で気を付けるしかありません。

 

行政にも不用品回収業者にも、相互にメリットとデメリットが存在しているため、自分で納得できる方法で不用品を処分するのが一番です。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com