神奈川県川崎市の行政と不用品回収業者どっちがお得に回収可能?

神奈川県川崎市の行政と不用品回収業者どっちがお得に回収可能?

はじめに

この記事は、神奈川県川崎市で不用品を処分したい方に向けて記載しています。不用品を処分するには、行政と不用品回収業者のどちらかにに依頼するしかありません。

 

神奈川県川崎市では、どちらに依頼する方がお得なのでしょうか。金額や収集日、近所に知られたくないなど、ポイントごとに比較していきましょう。

 

料金比較

まずは金額で比較してみましょう。

 

神奈川県川崎市の行政

川崎市の粗大ゴミの金額は、品目別ではありません。「タテ」「ヨコ」「高さ」「径(円形のもの)」のうち、一番長いところのサイズで金額が決まります。
そのため、同じ扇風機でもサイズによって値段が変わるため、小さければ小さいほど、安価に処分できます。「小さい扇風機なのに、大きい扇風機と処分費が同じ」ということは避けられるため、良心的といえます。

 

川崎市の粗大ゴミ回収のサイズごとの値段は以下の通りです。だいたいの品目例も同時に記載しましょう。(川崎市ホームページより抜粋)

サイズ 手数料 品目例
最長辺が30cm以上50cm未満で
全部または一部が金属のもの
200円 炊飯器、トースター、ビデオデッキ、DVD・CDプレーヤーなど
最長辺が50cm以上180cm未満
のもの
500円 衣装箱、いす、座いす、座卓、自転車、ストーブ、扇風機、棚、タンス、テレビ台、電子レンジ
最長辺が180cm以上で
幅が10cm未満のもの
500円 カーテンレール、材木、釣竿、パイプ、物干竿 など
最長辺が180cm以上のもの
(上記3に規定するものを除く)
1,000円 障子、スプリングマットレス、ソファー、棚、タンス、ベッド枠 など

 

不用品回収業者

次に、不用品回収業者の単品価格の相場を見てみましょう。

品目 料金
テレビ台 1,000円~4,000円
こたつ 1,000円~3,000円
電子レンジ 5,00円~1,500円
扇風機 500円~1,500円
ベット 3,500円~7,000円
食器棚 3,000円~5,000円
ソファー 1,500円~1,0000円
ストーブ 1,000円~1,500円

 

以上の用に、不用品回収業者は1つからでも回収できます。例えば、ベット1つの回収価格は3,500円~7,000円が相場です。これを川崎市の価格と比べてみましょう。ベットは最長辺が180cm以上のものに該当しますが、1,000円で済んでしまいます。電子レンジや扇風機なら、同じ値段になる可能性がありますが、ものによっては高くついてしまいます。

 

不用品回収業者の価格には、処分費や人件費などが入っているため、どうしても単品価格では行政にかないません。

 

しかし、不用品回収業者はその弱点を心得ているため、単品価格以外に定額料金や買取などに力を入れている業者もあります。そのため、不用品が大量にある場合や、新品に近いものを処分したい場合は、不用品回収業者を一度検討してみてください。

 

自分が出したゴミを近所に知られたくないなら不用品回収業者の一人勝ち

次に、プライバシーについて考えてみましょう。行政の粗大ゴミ回収を使う場合、名前を書いたシールを粗大ゴミに貼って出さなければなりませんし、家の前に出すときに近所に見られて嫌だ、などと感じてしまう場合があります。

 

そのような場合は、不用品回収業者に依頼しましょう。

不用品回収業者の中には、私服で作業をしてくれる業者や、無地のトラックで回収してくれる業者、その両方を行ってくれる業者があります。他にもさまざまな対応をして、近所にバレないようにしてくれる業者もあるため、プライバシーを守りたい場合は、不用品回収業者に相談すると良いでしょう。

 

ただし、その場合は即日回収はできませんので、注意をしてください。

 

収集日で選ぶなら不用品回収業者の一人勝ち

次は、不用品の収集日について比較してみましょう。

 

行政は月2回の収集

神奈川県川崎市の粗大ゴミ回収は、地域ごとに月2回しか行われません。そのため、年末年始や引っ越しシーズン、お盆の時期はとても込み合います。また、2021年2月現在は、外出自粛による片付けゴミの増加に伴い、なかなか予約が取れないそうです。

 

月に2回しか回収されないと、このような事態に対応しきれないのも当然でしょう。行政の粗大ゴミ回収はとても安価なので、致し方のないことと諦めるしかありません。

 

不用品回収業者はいつでも回収

神奈川県川崎市を回収範囲としている不用品回収業者は、いつでも回収可能です。当日でも予約がとれる業者なら、急な不用品の処分にも対応します。

 

また、深夜や早朝に対応してくれる業者もあります。行政の回収時間帯は朝なので、どうしてもその時間に出せない方や、早急に不用品を処分したい方、行政の回収を待てない方、行政の回収の予約が取れない方は、不用品回収業者を選ぶべきでしょう。

 

回収可能品目で選ぶなら不用品回収業者の一人勝ち

以下の通り、神奈川県川崎市の粗大ゴミ回収では対応できないものがあります。

  • 事業系活動に伴って出る粗大ごみ
  • パソコン
  • 自動二輪車(原動機付き自転車を含む。)
  • 家電4品目(エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)・テレビ)
  • 処理困難物(100kg以上・2m以上)

 

これらを回収してほしい場合は、行政に依頼することはできません。不用品回収業者に依頼してください。ただし、家電4品目に関しては、購入したお店やメーカーに依頼する方法もありますし、パソコンや自動二輪車、ピアノなどに関しては、専門業者に依頼することもできます。

 

そのため、他のものとまとめて回収してほしい場合などは、不用品回収業者に依頼すると楽でしょう。
また、事業系活動に伴って出る粗大ごみに関しては、対応している不用品回収業者に依頼してください。

 

手間で選ぶと不用品回収業者がやや有利

行政と不用品回収業者の比較は、ここま不用品回収業者が有利です。では、手間で選ぶ場合はどうでしょうか。

 

行政の粗大ゴミ回収は解説をするまでもなく、手間がかかります。それならば不用品回収業者を選ぶべきかというとそうでもありません。なぜなら、不用品回収業者の中にも手間がかかる場合があるからです。

 

まず、不用品回収業者の選定に手間がかかります。もちろん、インターネットで探して気に入ったところに依頼するなら、全く手間はかかりません。しかし、少しでも安くしようと思うならば、手間がかかります。

 

その手法は、同じような金額を提示している業者を探し、それぞれ見積もりを依頼します。そして、価格競争を起こさせることで安く済ませるものです。そのため、最低3社に見積もりを依頼し、場合によっては回収場所まで来てもらわなければならないため、とても手間がかかるでしょう。

 

そして、気を付けなければならないのは、不用品回収業者はゴミの分別や運び出し、清掃まで行ってくれる業者だけではないということです。それは、より安価なプランを提示するために、運び出しを依頼人に委ねることで、作業員の人件費を削る手法です。

 

そのため、安いからといって運び出しを自分で行うプランや業者を選んでしまうと、余計な手間がかかる場合があります。しかし、ほとんどの業者はゴミの分別や運びだし、簡単な清掃まで行ってくれるため、そのような業者を選べば、手間はほとんどありません。手間を省きたい場合は、きちんと業者のプランを確認することを忘れないでください。

 

まとめ

神奈川県川崎市の行政の粗大ゴミ回収と、不用品回収業者を比べてみました。結果、価格以外は不用品回収業者がお得です。神奈川県川崎市にお住いの方で、早く不用品を処分したい方や、対応できる時間が限られている方、近所にバレないように処分したい方は特に、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。

 

ただし、一番大切なのは行政と不用品回収業者、双方にメリットデメリットがあることを理解して、自分が納得できて都合の良い方を利用することといえるでしょう。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com