安く大量に!粗大ゴミの捨て方に困ったら粗大ゴミ回収業者がおすすめ

安く大量に!粗大ゴミの捨て方に困ったら粗大ゴミ回収業者がおすすめ

この記事では、粗大ゴミの捨て方をはじめ、安く大量に捨てられる粗大ゴミの捨て方を紹介しています。

 

粗大ゴミの捨て方を知らずに自分で何とかしようとすると、どうしても時間や費用、手間をかけることになります。

 

  • 粗大ゴミってどうやって捨てればいいの?
  • 自治体に頼むのはどうなの?
  • 安く大量に捨てられる方法はあるの?

 

このような人には、自治体に粗大ゴミ回収を依頼するよりもお得で手間がかからず、時間もかからない方法がおすすめです。

 

その方法とは、粗大ゴミ回収業者に依頼するという方法です。

 

今回はおすすめの粗大ゴミ回収業者も紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

粗大ゴミにはどういうものが該当するの?

 

 

粗大ゴミとはそもそもどういったものを指すのか、曖昧な認識の人も多いと思います。

 

粗大ゴミとは、家庭内から出るゴミに含まれるもので、大きなものから小さなものまで該当するものが存在します。

 

ただ、その定義は各自治体によって異なるため、一概に粗大ゴミとして括ることはできません。

 

そのため、具体的にどのくらいのものを粗大ゴミと呼ぶのか、大体の目安を知っておくと便利です。

 

粗大ゴミの大きさの目安

 

 

粗大ゴミとして扱われるものの大きさの目安は、以下のとおりです。

 

電化製品 30cm以上
それ以外 50cm以上

 

大体30cm~50cm以上のものであれば、粗大ゴミとして覚えておくと分かりやすいです。

 

材質や形状によっては、それよりも小さなものも粗大ゴミとして扱われることがあります。

 

参考までに、千葉市の場合には、指定のゴミ袋に入れたときに袋の口が結べないもの、結べてもはみ出してしまうものが粗大ゴミに当てはまります。

 

詳しくは、お住まいの各自治体のホームページでチェックしてください。

 

具体的な粗大ゴミリスト

 

 

具体的にどういったものが粗大ゴミとして挙げられるのか、大体のリストをまとめました。

 

  • 家具
  • 家電製品
  • ソファー
  • ベッド
  • 布団
  • 自転車
  • 楽器
  • カーペット
  • 遊具類
  • アイロン台
  • 衣装ケース
  • 椅子
  • ウォーターベッド
  • オイルヒーター
  • オーディオラック
  • キャリーバッグ

 

具体的には、このようなものが粗大ゴミとして扱われる一例です。

 

リストを見ると、大体どれも指定のゴミ袋には収まらず、30~50cm以上であることが分かります。

 

各自治体によってこれらを粗大ゴミとして扱うかどうかが異なりますので、必ず回収依頼前に自治体のホームページをチェックするようにしてください。

 

粗大ゴミの捨て方は?各自治体に依頼する場合の共通の捨て方

 

 

粗大ゴミの定義はそれぞれの自治体によって異なりますが、捨て方については大体同じです。

 

多くの場合、以下の手順で各自治体に粗大ゴミ回収を依頼することになります。

 

  • 各自治体のホームページもしくは電話で申し込む
  • 指定された金額分の粗大ごみ処理手数料納付券を購入する
  • 納付券に収集日と受付番号、名前を記載して貼り付ける
  • 指定された日時の朝8時までに指定の場所に運ぶ

 

まずは、各自治体のホームページもしくは電話から申し込みを行います。

 

その後、指定された金額分(回収料金)の粗大ゴミ処理手数料納付券をコンビニ等で購入し、納付券に収集日と受付番号、名前を記載して、粗大ゴミにそれぞれ貼り付けます。

 

指定された日時の朝8時までに、指定の場所に粗大ゴミを運び完了となります。

 

粗大ゴミ回収を依頼した後に納付券を購入して記入、貼り付けをしなくてはならず、さらには指定日時の朝8時までに指定の場所に運ばなくてはなりません。

 

一人で運べないような大きなものや、小さく切ったり砕いたりしなくてはならないものがある場合には、とても大変です。

 

また、指定の場所まで運ぶ際にも、一人では重くて運べないという問題が発生するケースもあります。

 

自治体に依頼する場合の粗大ゴミの捨て方は、時間も手間も費用もかかる方法なのです。

 

自治体では回収できない粗大ゴミも存在する

 

 

自治体に粗大ゴミ回収を依頼したい場合、粗大ゴミ回収が不可能となっている品目があります。

 

具体的には、以下のようなものが該当します。

 

  • 家電製品(テレビや冷蔵庫など)
  • パソコン類
  • 事業所ごみ

 

これらのものは、自治体で回収してもらうことができません。

 

家電リサイクル法に該当するものを処分したい場合には、リサイクル料金や収集運搬費用を支払う必要があります

 

自治体で回収可能となっている品目は大体のところで共通していますので、お住まいの自治体のホームページをチェックしてみてください。

 

粗大ゴミ回収を自治体ではなく業者に依頼すべき5つの理由

 

 

粗大ゴミ回収は、自治体で行われていることは多くの人がご存知のことと思います。

 

そのため、自治体に依頼しようと考えている人もいると思いますが、実は自治体ではなく業者に依頼したほうがお得かつスピーディーなのです。

 

その理由として、以下の5つの点が挙げられます。

 

  • 粗大ゴミ回収業者なら待ち時間がない
  • 粗大ゴミ回収業者なら搬出までお任せできる
  • 粗大ゴミ回収業者なら何点でも依頼できる
  • 粗大ゴミ回収業者ならまとめて安く回収できる
  • 粗大ゴミ回収業者ならなんでも処分できる

 

1.粗大ゴミ回収業者なら待ち時間がない

 

 

自治体に粗大ゴミ回収を依頼すると、最低でも1か月の待ち時間があるケースが多いです。

 

特に東京都や神奈川県などの大都市の場合には、粗大ゴミ回収が依頼できるまでの待ち時間が長く、すぐに回収してもらいたくても難しいケースが多々あります。

 

一方で、粗大ゴミ回収業者であれば、即日回収が可能なところが多いのです。

 

見積りから回収までその日に完了してしまうような便利な業者もあるため、自治体に依頼するよりもスムーズになります。

 

2.粗大ゴミ回収業者なら搬出までお任せできる

 

 

自治体に粗大ゴミ回収を依頼する場合、自分で解体や搬出を行わなくてはならず、量があればあるほど大変です。

 

しかし粗大ゴミ回収業者に依頼すれば、重いものであっても解体や搬出まで依頼することができます

 

そのため、余計な体力を使わずに済み、高齢者の一人暮らしや女性であっても気軽に粗大ゴミを処分することができるのです。

 

3.粗大ゴミ回収業者なら何点でも依頼できる

 

 

自治体に依頼した場合、回収可能な粗大ゴミの点数が決まっているケースが多いです。

 

そのため、たくさん回収してほしい粗大ゴミがあっても、まとめて回収してもらうことができません。

 

一方、粗大ゴミ回収業者なら、まとめて大量の粗大ゴミを回収してもらうことが可能です。

 

点数に限度がなく、少なくても多くても気軽に依頼できるようになっています。

 

4.粗大ゴミ回収業者ならまとめて安く回収できる

 

 

自治体に依頼する場合、粗大ゴミの量が増えれば増えるほど、どんどん料金が高くなります。

 

そのため、まとめて粗大ゴミを捨てたくても、無駄にお金が飛んでしまうのです。

 

しかし粗大ゴミ回収業者であれば、トラック積み放題プランなどのお得なサービスが用意されているため、トラックに載る粗大ゴミの量であれば追加しても料金が変わりません

 

たくさんの粗大ゴミを安く捨てたいという人は特に、粗大ゴミ回収業者に依頼するのがベストと言えます。

 

5.粗大ゴミ回収業者ならなんでも処分できる

 

 

自治体に粗大ゴミを回収してもらう場合には、回収できる品目が限られているため、処分したいものが処分できないというケースもあります。

 

しかし、粗大ゴミ回収業者であれば、何でも回収が可能となっているため、いちいち確認せずとも依頼することが可能です。

 

家電でも何でも処分でき、中にはまだ使える家電を買い取ってくれる業者も存在します。

 

無駄にせずお得に回収してもらうことができるため、粗大ゴミの捨て方に困ったら業者を頼ってみてください。

 

粗大ゴミの捨て方に困ったら「エコキャット」がおすすめ!

 

https://eco-cat.net/

https://eco-cat.net/

 

粗大ゴミの捨て方に困ったら、粗大ゴミをスムーズに格安回収できるエコキャットがおすすめです。

 

エコキャットなら、数点の粗大ゴミはもちろん、大量の粗大ゴミでもまとめて安く回収することが可能となっています。

 

粗大ゴミの捨て方に困らないエコキャットの魅力として、以下の点が挙げられます。

 

  • エコキャットならトラック載せ放題プランでお得に
  • エコキャットなら粗大ゴミを即日回収可能
  • エコキャットなら粗大ゴミの解体・搬出もお任せ

 

1.エコキャットならトラック載せ放題プランでお得に

 

優良不用品回収業者と悪徳不用品回収業者の見分け方と違いとは

 

自治体に粗大ゴミ回収を依頼すると、個別に回収料金がかかってしまうため、数が多くなればなるほど高くなります。

 

また、自治体では点数制限があることが多く、そもそも大量の粗大ゴミ回収ができません。

 

しかしエコキャットなら、トラック載せ放題というプランが用意されており、決められたトラックの大きさの範囲内であれば、粗大ゴミが載せ放題になるのです。

 

さらに、定額サービスとなっているため、たくさん載せても料金がそのままで利用できます

 

自治体でこまめに依頼するよりも安く、そしてまとめて大量に処分できるため、粗大ゴミの捨て方に困りません。

 

2.エコキャットなら粗大ゴミを即日回収可能

 

 

自治体に依頼すると、粗大ゴミ回収までの待ち時間が1か月や2か月ということがあります。

 

しかしエコキャットなら、依頼してから最短25分で自宅までお伺いします

 

また、お見積りから回収まで、その日に完了させることも可能です。

 

お急ぎの場合でもすぐに対応可能で、深夜・早朝でもご自宅までお伺いすることができます。

 

3.エコキャットなら粗大ゴミの解体・搬出もお任せ

 

 

自治体に依頼した場合には、粗大ゴミをご自身で解体・指定の場所まで搬出しなくてはなりません。

 

しかしエコキャットにお任せいただくと、スタッフが粗大ゴミの解体から搬出まで全て行います

 

そのため、余計な手間や時間をかけずに、そして粗大ゴミの捨て方に困らずに処分することが可能です。

 

時間に余裕がない人や、体力に自信がない人でも、安心してご利用いただけます。

 

まとめ

 

 

今回は、粗大ゴミの捨て方について、どのようなものが粗大ゴミになるのか、どのような捨て方をするのか、そして時間や手間をかけずに粗大ゴミを捨てる方法を紹介しました。

 

自治体に依頼するほうが安心安全だと考えている人も多いと思いますが、手間と時間、そして費用も高くなるケースがあります。

 

粗大ゴミ回収業者のエコキャットにお任せいただければ、時間も手間も費用も少なく、粗大ゴミを処分することが可能です。

 

WEBからの申し込みで2,000円割引のキャンペーンも行っておりますので、ぜひエコキャットにご連絡ください。

 

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com