不用品処分時のイチオシ情報~回収業者をお得に安全に使うには

不用品処分時のイチオシ情報~回収業者をお得に安全に使うには

不用品処分時のイチオシ情報~回収業者をお得に安全に使うには

はじめに

この記事は、不用品の処分に困っている方に向けて、イチオシ情報をお届けしています。ゴミ屋敷の清掃や遺品整理をしたい方、不用品をお得に処分したい方などに向けて、知っておきたいことをまとめました。

特に、まず知っておいて頂きたい不用品回収業者のサービス編と、不用品回収業者を選ぶ際に知っておきたい業者選び編、見積もりを取る段階で知っておきたい見積もり編の3点に絞って、数々の疑問を解消できる記事に仕上げています。

 

不用品をお得に処分したいけれど、「不用品回収業者に頼んで大丈夫なのか」、「近所の目が怖い」、「不用品回収業者は高いのではないか」など、不安や疑問がある方はぜひ、目を通してみてください。

 

イチオシ情報:不用品回収業者サービス編

不用品回収業者に依頼するときに、二の足を踏んでしまうことがあります。しかし、大抵の不安は不用品回収業者のサービスにより払しょくしてもらえるため、以下の5つのイチオシ情報を知っておいてください。

 

1.近所にバレないように作業してもらえること

不用品回収業者に処分をお願いしたくても、近所の目が怖いという方は数多くいらっしゃることでしょう。実は、不用品回収業者に依頼する際、一言断っておくと、近所にバレないように作業をしてもらえます

 

例えば、以下のような対策が可能です。

  • 無地のトラックで回収する
  • 女性の一人暮らしの方の部屋なら女性スタッフだけが出入りする
  • 普段着で作業をする
  • 不用品を梱包して中身が見えないようにする
  • 深夜や早朝に作業をする
  • アルバイトを使わずに速やかに行う
  • 見積もりを事前に作り滞在時間を短くする

 

これら全ての対策をお願いできる業者は少ない可能性がありますが、自分が一番お願いしたいことは何かを考え、希望を絞ってみてください。

例えば、深夜の作業なら梱包の必要はありませんし、大抵の業者が見積もりは事前に作ります。知り合いに作業してもらっているように見せたいなら、普段着で作業をしてもらうのが一番です。

少しずつ自分の希望を絞っていき、最終的に譲れない部分があれば、それを軸に業者を選ぶと良いでしょう。

 

2.深夜や早朝にも対応してもらえること

前述のように、近所にバレないように深夜や早朝に作業をしてもらうことができますが、もちろん、昼間に時間が取れない方でも、深夜や早朝に作業してもらうことが可能です。

 

ただし、お住いの地域の状況によっては、早朝の作業は音が響いてしまうことがあります。いくら作業員が気を付けていても、こればかりは仕方のないことなので、早朝に作業する場合は、事前にご近所に一言断っておく方が無難です。

 

3.女性の従業員のみに作業をしてもらえること

こちらも前述しましたが、女性のスタッフにのみ頼むことも可能です。女性の一人暮らしの場合は特に、男性従業員がいない方が気が楽という場合があります。そのうえ、普段着で作業を行ってもらえれば、知り合いに作業を頼んでいるようにも見えるため、近所の目も気にしないでいられるでしょう。

 

4.家電や生ゴミも回収してもらえること

家電はリサイクル法により、行政の粗大ゴミ回収や燃えないゴミに出すことは不可能です。家電を処分する際は購入した店舗へ行き、処分料を支払って引き取ってもらうか、メーカーに問い合わせて処分するしかありません。しかし、不用品回収業者は家電を引き取ることができます。なぜなら、リサイクルに回すからです。

 

また、生ゴミや段ボールなど、普段のゴミ回収で出せるようなゴミも、一緒に処分してもらうことができます。もちろん、ただではありません。トラック積み放題プランの場合はトラックに載せられるだけ載せてもらえますし、単品回収の場合は一定の金額を払う必要があります。

 

5.ゴミ屋敷の清掃や遺品整理もお願いできること

ゴミ屋敷の清掃はとても難しい作業です。そのため、ゴミ屋敷の清掃を得意としている業者に頼めば、スムーズな対応が可能です。もちろん、生ゴミや中身が入っている調味料やレトルト食品などでも回収できる業者や、害虫駆除を一緒に頼める業者もあります。それらが該当する場合は、そのような業者にお願いすると良いでしょう。

 

遺品整理に関しては、遺品整理士という資格があるスタッフにお願いできる業者が一番ですが、中には業者独自の教育を受けたスタッフがいる業者もあります。

遺品整理士にお願いするとそれなりに料金が高額になりますので、どちらが良いかはよく考えて決めてください。

 

イチオシ情報:不用品回収業者選び編

不用品回収業者に依頼することを決めたら、ある程度の数まで業者を選ぶ必要があります。その際に指標となるイチオシポイントがあるため、知っておいてください。

 

1.買取サービスをしている業者を選ぶこと

詳しくは後述しますが、不用品回収にはお金がかかります。そのため、家電や家具などを買取してくれる不用品回収業者を選べば、その分差し引かれるためお得です。オフィス家具やショーケース、シンクやレジスターなども買い取ってくれる業者もあるため、事前に調べておくと良いでしょう。もちろん、高値が付くのは新品ですが、部品が売れる場合もありますので、諦めずに買取をお願いしてみてください。

 

2.WEBクーポンがある業者を選ぶこと

回収してもらう不用品が多ければ多いほど、お金がかかります。そのため、クーポンをうまく使ってください。業者によってはWEB限定でクーポンを配っているところもあるため、必ずホームページを確認しましょう。不用品回収だけではなく、引越し時に使えるクーポンがある業者もあります。

10%や15%値引きしてもらえるクーポンもあるので、使わない手はありません。

 

3.他の業者より高い場合に値下げしてくれる業者を選ぶこと

不用品回収業者の見積もりは値切ることができます。特に、ホームページなどに「他社より高い場合は遠慮無くご相談下さい」などと書いてある場合は、見積もりをいくつか作れば簡単に値引きしてもらえるため、利用しましょう。

 

4.できるだけ近い業者を選ぶこと

不用品を回収する場所が遠いと、見積もりが高くなることが予想されます。なぜなら、不用品回収料金に「出張費」が含まれている業者があるからです。「安いと思って依頼したのに意外なほど高くついた」ということもあり得ますので、住所をしっかり確認しておきましょう。

 

5.不用品が多い場合は載せ放題プランがある業者を選ぶこと

不用品を単品で回収してもらう場合は単品価格が適用されますが、ある程度の量がある場合は、定額プランをおすすめします。大抵の業者が「トラック載せ放題プラン」という名前を使っているため、わかりやすいです。

 

軽トラックから4トントラックまで選べるところが多いため、不用品の量によって利用してください。また、このような載せ放題プランならば、前述の生ゴミや段ボールなども依頼しやすいため、ゴミ屋敷の清掃や遺品整理、店舗移転などの際は、定額プランを選ぶと良いでしょう。

 

イチオシ情報:不用品回収業者見積もり編

不用品回収業者をある程度の数に絞ったら、見積もりを取る必要があります。このときに知っておきたいイチオシ情報があります。それは、以下の6点です。

 

  • 見積もりを頼む前に相場を知っておくこと
  • 見積もりを頼む前に片付けをしておくこと
  • 見積もりは数社に頼み、比較検討すること
  • 見積もりから値切ることも可能なこと
  • 見積もりを作ってもキャンセルできること
  • 当日に荷物を増やすと追加料金がかかること

 

まずは、相場を知る必要があります。なぜなら、悪徳業者を避ける必要があるからです。
不用品回収業者の中には、残念ながら悪徳業者が存在します。彼らは安い金額でお客を釣り、後から高額な作業費を請求します。回収した不用品は不法投棄されるため、プライバシーが守られないどころか、警察沙汰になる可能性も高いです。

 

最初から高額な料金を提示している業者が無いように、安い金額でまじめに回収する業者は存在しません。なぜなら、不用品を処分するにはお金がかかるからです。一般家庭で出る「一般廃棄物」の処理費は、300円前後/10㎏なので、意外とかかります。そのうえ、人件費や車両の維持費などを考えるとそれなりの金額が必要になるため、お客を釣ることができるほどの少ない費用では、不用品回収業者はやっていけません

だからこそ、相場を把握しておく必要があります。

 

そして、見積もりを頼む前にある程度片付けておくと、回収業者の仕事が減るため安く済みます。仕分け程度でも良いのでわかりやすくしておくと、見積もり金額は下がるでしょう。

次に、見積もりは最低でも3社は取り、比較検討してください。一番安い見積もりを作ってくれたところにお願いしても良いのですが、高い見積もりをした業者に一番安かった業者の値段を教えれば、値切ることができます。

見積もりを作っても無料でキャンセルできる業者がほとんどなので、見積もりを多く取れば取るほどお得です。

作業日当日に不用品が増えると、その分価格が上がるため、できるだけ当日は増やさずに、見積もり作成時に全てお願いするようにしましょう。

 

まとめ

不用品回収業者に依頼する際は、この記事に記載したイチオシ情報をぜひ活用してください。特に、相場と見積もりはキャンセルできること、WEBクーポンや買取については必ずチェックしておきましょう。

くれぐれも悪徳業者には気を付けて、不用品はお得かつ安全に処分しましょう

 

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com