アパート退去時の不用品処分の方法と注意点

アパート退去時の不用品処分の方法と注意点

アパート退去時の不用品処分の方法と注意点

アパートの退去や引っ越しを機会に、家具や家電製品などを買い替えるという人は少なくありません。

アパートなど賃貸物件の退去の際には、残置物などがないようすべてのものをきれいに処分した状態で退去をするのが基本のルールです。

その際どうしても出てしまうのが、アパート退去に伴う「不用品」。

引っ越し費用を少しでも安く抑えるためにも、引っ越し予定日の前までにはこれらの不用品を処分してしまいたいところでしょう。

 

アパートの退去時の不用品処分には、さまざまな方法があります。

うまく処分すれば引っ越しにかかる費用をぐっと抑えることもできるでしょう。

本記事では、アパート退去時の不用品処分の方法と、知らないと損をしてしまう注意点について解説します。

 

アパートの退去時は原状回復が基本

アパートから退去するときは、契約したときと同じ状態で引き渡すのが大前提です。

壁や床などの汚れに関してはその限りではありませんが、もともとあったものは元の状態に、なかったものはなかった状態のままにして退去する必要があります。

 

「質のいい家具なら置いていってあげたほうが逆に喜ばれるのでは?」

なんて思うかたもいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

 

退去時は「原状回復=元の状態に戻しておく」のが原即。

不用品の状態や質がいくら良いからといって、置いたまま退去するわけにはいかないのです。

 

アパート退去時の不用品の処分方法は?

引っ越し先で使わないというのものなのであれば、なんらかの手段で手放さなければなりません。

できれば引っ越し先へは持ち込まず、引越作業をする前に処分してしまった方が引っ越し費用も安くなります。

 

不用品の種類や大きさなどによって処分の方法が異なりますが、基本的に以下のいずれかの方法によって処分が可能です。

  • 友人や知人に譲る
  • フリマやフリマアプリなどで売る
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • 通常のゴミとして処分する
  • 自治体の粗大ごみ回収に出す
  • 処分場や処理施設へ持ち込む
  • 地域のリサイクルセンターや資源ごみ回収スポットを活用する
  • 引っ越し業者に買い取ってもらう(または有料で処分してもらう)
  • 不用品回収業者に処分してもらう

などなど、不用品を処分するための手段はさまざまです。

それぞれ、もう少し詳しく解説しましょう。

 

友人や知人に譲る

  • メリット:お金がかからない
  • デメリット:手間や時間がかかる

 

状態の良いものであれば、身の回りの人に譲るといった方法があります。

ほかにも地元交流アプリなどを活用し、中古品譲りますなどと告知をしてほしい方に譲るという方法も可能です。

直接やり取りをしなくてはならず、予定を合わせて引き渡す手間はありますが、もらう方も譲る方も金銭が発生しないのが魅力でしょう。

 

ただしあまりにも大きな物の処分には不向きな方法です。

大きなトラックなど輸送手段が確保できる場合にはアリですが、そうでない場合には引き渡しの際にトラブルになる可能性もあるため注意が必要です。

 

フリマアプリなどで売る

  • メリット:お小遣い稼ぎになる
  • デメリット:出品や発送手続きが手間、時間がかかる、トラブルとなるケースも

 

フリマアプリやオークションアプリなどを使い、欲しいかたへ売るのも良いでしょう。

人気のアイテムやプレミアムグッズなどは、思わぬ副収入を得るきっかけとなる可能性もあります。

最近は各サービスでも商品発送の手段が充実してきており、売れた後の梱包や発送も手軽に。

一部フリマアプリサービスなどでは双方匿名での発送依頼が可能なため、プライバシーを守りつつ不用品の処分が可能といったメリットもあります。

 

大型の家具や家電の発送に便利な、大型配送などを用意しているサービスもあって便利。

商品が売れたら集荷依頼をするだけで荷物を引き取りに来てくれ、梱包から宛名書きなどもすべてお任せで発送できます。

梱包がむずかしいテレビや冷蔵庫といった家電から、ダイニングチェアや洋服ダンスのようなものまで対応可能です。

 

多少のやり取りが手間となるほか、大型荷物は負担する送料が大きくなりがちなため注意が必要。

また必ず売れるとは限らないほか、いつ売れるかもわからないため、引っ越し予定日が迫っているなど期限が限られている場合には不向な方法です。

 

リサイクルショップに買い取ってもらう

  • メリット:お小遣い稼ぎになる
  • デメリット:持ち込みの場合は手間、売れない場合もある

 

売れそうな不用品が大量にある場合には、リサイクルショップにまとめて購入してもらうのもおすすめです。

大型リサイクル店であれば、出張買取に応じてもらえるところもあるため、大きな家具や家電品の買取にも便利。

ブランド品や洋服、ダイニングやリビング家具、パソコンや楽器、各種家電製品などもOK。

キレイな状態で買取してもらった方が、高く買取してもらえます。

 

ただし、品物によっては買取を断られてしまうことがあるほか、「えー!これだけ?」とがっかりしてしまうような額での買取となってしまうこともあります。

とはいえ、よほど小規模のリサイクルショップでなければ、出張買取や査定に来てもらえるので、まとめて処分したいものがある場合にはおすすめです。

 

通常のゴミ日に家庭ゴミとして処分する

  • メリット:お金がほとんどかからない
  • デメリット:分別の手間、処分できる日が限られているなど

 

地域のごみ収集で出せるような品物であれば、小さくばらしてゴミ袋に入れて処分するというのもアリです。

ニオイがするものや汚れがついているものなどは、よほどかさばるものでない限り、ゴミの日にゴミとして出すのがベストでしょう。

燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、容器包装プラスチック、雑が身、ビン・缶・ペットボトル、枝・葉・草、蛍光管、スプレー缶、乾電池、ライターなど出そうと思えば出せるものはたくさんあります。

 

収集日は地域ごと・曜日ごとに異なるので、お住まいの地域のルールを厳守することが大切。

ゴミの日に出せないものや素材のものなどは、曜日ごとの収集に出すことができません。

また指定されたゴミ袋に入らないものや、既定の大きさを超えるようなものも収集してもらえないため注意が必要です。

袋に入る状態にすることや、しっかりと分類するなどの手間はありますが、前もって準備ができるのであれば少しずつ不用品を減らしていけるのひとつの方法になるはずです。

 

粗大ゴミとして自治体に回収してもらう

  • メリット:処分費用が安い
  • デメリット:処分日が限定される、搬出作業が大変など

 

ゴミ袋に入らないような大型の不用品は、自治体の粗大ごみ回収を利用するのが便利です。

家具やオーディオ家電、自転車など、ゴミ袋に入る大きさにバラすのがむずかしいものなどでも、リーズナブルな料金で回収処分してもらえます。

大きさや物品にもよりますが、数百円から数千円程度で引き取ってもらえるのが魅力。

 

ただし地域によってはあまりにも長いものや大きすぎるものなどは、回収不可となるルールがあるため事前に確認が必要。

回収には事前の申し込みが必要となるほか、指定された金額の粗大ごみ処理券(地域によって名称はさまざま)の購入が必要となります。

 

また粗大ゴミは、回収を予定している日の決められた時間内に、指定された収集場所まで出しておかなくてはなりません。

基本的に家から運び出しなどはやってもらえないため、自分で収集指定場所まで運び出しておく必要があるでしょう。

家から出せないほど大きな物の場合には、必要に応じて自ら解体作業などが必要となるケースもあります。

 

なお、テレビや冷蔵庫といったリサイクル家電品については、自治体の粗大ごみ回収では処分できませんのでご注意ください。

※自治体により介護保険サービスや障害福祉サービスなどを利用されているなどの条件下に限り、運び出しを代行してもらえる制度があります。

 

処分場や処理施設(リサイクルプラザなど)へ持ち込む

  • メリット:処分費用が安い
  • デメリット:持ち込み作業が負担、ルールが細かいケースも

 

大型ごみの回収が混雑していてなかなか予約が取れなかったり、予約が取れてもかなり先の日程になってしまったりすることもあります。

そのような場合には、自治体の処理施設や処分場へ、直接ごみや不用品を持ち込むことも可能です。

 

持ち込みさえできれば、比較的さまざまな種類の不用品が処分できるため便利。

処分費用は搬入量の重さあたり数百円といった基準で計算します。軽量後、処分場の窓口などで直接支払いをするのが一般的です。

 

ただし処分できるものの大きさなどが細かく決められている場合や、場合によっては分類しなくてはならないことも。

なかにはソファーとスプリングは、それぞれ分けるよう指示されるケースもありますので、事前の確認が必要です。

 

地域のリサイクルセンターや資源ごみ回収スポットを活用する

  • メリット:処分費用がかからない
  • デメリット:処分できる品が限定される、分類が必要

 

段ボールや古紙などの資源物は月に1度程度町内会などで回収していますが、それ以外の日にもリサイクルセンターなどへ持ち込むことで処分が可能です。

回収品目は紙類やビン・缶・ペットボトルなどのほか、古布や毛布、古着といった布製品も対象。乾電池やスプレー缶、ライターといった危険物なども、回収できるところがほとんどです。

 

そのほか、小物金属類やプリンターのような小型家電、場所によってはノートパソコンといった製品の回収も行っています。

地域によって回収できる資源ごみの種類や分類は異なるため、事前の確認が必要ですが、曜日や日時を問わず処分が可能と便利。

 

引っ越し業者に買い取ってもらう(または有料オプションで処分してもらう)

  • メリット:大きな品も処分しやすい
  • デメリット:買取品や処分可能品が限定される、処分費用が高い

 

処分したい不用品が大きい場合や、数が多く分類が大変だという場合には、引っ越し業者に回収や処分を任せるのもひとつの方法です。

アパート退去時の引っ越し見積もりの際に、「これは引っ越し先へ、こちらは処分で」と指示ができるので、不用品処分に関する分類の手間などがなく手軽なのが魅力。

 

状態が良いものであれば、買い取り対応してもらい、引っ越し費用から引いてくれる場合もあります。

多くの場合、引っ越し業者ではなく外注となることなどから、処分費用がかなりかさむといったデメリットもあります。

 

不用品回収業者に処分してもらう

  • メリット:手間や時間をかけずに処分できる、処分品が限定されない
  • デメリット:業者によって費用が異なる、それなりの費用がかかる

 

アパート退去時に出てしまう不用品の処分方法でもっともおすすめなのが、不用品回収の専門業者に処分を依頼する方法です。

分別や分類などの手間も一切なく、運び出しなどもすべてお任せできる業者がほとんどのため非常に便利。

回収依頼は当然有料となりますが、トラック一台分でいくらなど、比較的リーズナブルな料金で依頼できる業者も多く魅力です。

 

予定さえ合えばすぐにでも回収してもらえることが多く、アパート退去まで日数があまりないというときでも慌てずに依頼が可能。

業者によっては電話見積もりやLINE・メールでの見積もりにも応じてもらえるため、スムーズにまとめて不用品の処分ができます。

 

不用品回収業者をおすすめする理由はもうひとつあります。

それは、ほとんどの種類の品物回収に対応しているという点です。

 

自治体の粗大ごみ回収では断られてしまうような、リサイクル家電品なども回収してもらえます。

業者によっては、状態の良いものを買取対応してくれる場合もあるため、費用を抑えながらまとめて不用品の処分もできます。

 

処分したいものの種類や大きさ・量で決める

どの方法で不用品を処分すべきか迷ったときは、以下の基準で選ぶと良いでしょう。

  • 不用品の状態が良い→人に譲る、リサイクルショップで買取してもらう
  • 量が少ない・サイズが小さい→毎日のごみ収集に出す
  • 資源ごみ→自治体の資源ごみ回収に出す
  • 量の少ない粗大ゴミ→自治体の粗大ごみ回収で処分してもらう
  • 大きいが少量→引っ越し業者または不用品回収業者
  • 大きくて大量、分類も大変→不用品回収業者

 

なるべくお金をかけずに処分したい場合は、リサイクルや自治体での粗大ごみ回収がおすすめです。

ただしその場合、どうしても手間や時間がかかってしまいます。

 

もっとも手間がなく簡単なのは、不用品回収業者や引っ越し業者に任せてしまうことです。

不用品が大きくて搬出作業がむずかしいという場合にも、業者を頼るのが良いでしょう。

 

アパート退去時の不用品処分の注意点

ここまで紹介したように、アパート退去時にでてしまう不用品処分の方法にはさまざまな手段があります。

しかし知らずにいると、処分したいものが処分できない事態に陥ってしまったり、思わぬトラブルに見舞われてしまったりすることもあるため注意が必要です。

最低限、知っておきたい注意点をいくつか紹介します。

 

テレビや冷蔵庫など家電リサイクル法対象品目の処分には注意が必要

自治体の粗大ごみ回収では、ほとんどの品を回収処分してもらえます。

しかし「家電リサイクル法」に定められている家電製品だけは、回収処分ができない決まりになっているため注意が必要です。

 

リサイクル家電に分類されている製品は以下の通り

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

これらの4品目は、それぞれ決められた処分方法にのっとって処分する必要があります。

 

買い替えの際には同時に引き取ってもらうことができるので、できればその機会を利用しましょう。

単純に処分したいという場合には、購入した家電量販店や販売メーカーに問い合わせをし、適した処分方法で処分します。

なお、処分をする際にはそれぞれ品物ごとに決められた「リサイクル料金」と「収集・運搬料金」の支払いが必要となります。

 

引っ越し業者に回収依頼をする場合は対象品目の確認が大切

アパート退去時に不用品もまとめて引っ越し業者に引き取ってもらうこともできます。

ただし、引っ越し業者によっては「一部対象品の買取のみ対応」というところあるため、注意が必要です。

 

業者によってはどんなものでも回収してもらえるとは限らないため、見積もりの際に対象となる品目や大きさ、料などの確認をしっかりとしておかなくてはなりません。

 

事前に確認せずにいると、当日になって「これはうちでは無理です」といわれる事態となることも。

回収できなかった不用品は別の手段で処分する必要が出てしまうため、二度手間三度手間になってしまうケースもあり、余計な出費がかさんでしまうでしょう。

 

もっとも確実でおすすめなのは不用品回収業者

アパート退去時の不用品の処分方法で、最も確実なのはやはり不用品回収業者ではないでしょうか。

自治体の粗大ごみ回収などに出すよりも、費用面でかさんでしまうといった点はたしかにネックです。

 

ですが、

  • 回収処分日が比較的柔軟に決められる
  • 急な回収依頼にも応じてもらいやすい
  • 家電リサイクル対象品も含めてジャンルを問わず回収OK
  • 大量の不用品があればまとめて回収してもらえる
  • 業者によっては分類なども一切しなくて大丈夫
  • 運び出しなども対応してもらえるところがほとんど
  • 買取対応なら回収費用も安く済む

などなど、とにかくメリットだらけなのです。

 

処分にかける時間や手間も省けますし、場合によっては個別に処分するよりもずっとリーズナブルに処分できることもあるでしょう。

処分する物品の数が少ない場合には個別の処分がおすすめですが、ある程度数や種類がある場合には回収業者に任せてしまうのがおすすめです。

 

悪徳な不用品回収業者にはご注意を

不用品回収と処分を専門とする業者は、今やかなりの数存在しています。

ほとんどの場合、しっかりと届け出や免許などを取得している信頼できる業者でしょう。

 

しかしなかには、悪質な不用品回収業者もいるため注意が必要です。

 

驚くほど安い料金を提示しておいて、トラックに積み込んでから追加料金を請求する業者や、テレビやエアコンなどを回収して不法投棄を行う業者など…。

なかには、依頼をする前に勝手に家に上がり込み、強引に不用品を積み込んで料金を請求するような業者もいます。

こうした悪質業者の被害やトラブルに合わないようにするためにも、不用品回収業者はしっかりと選んで依頼をすることが大切です。

 

アパート退去時の不用品処分はエコキャットに依頼するのがおすすめ

https://eco-cat.net/

エコキャットは、不用品の回収や処分を専門に行っている業者です。

アパート退去時にいらなくなったものをまとめて処分するのなら、エコキャットがおすすめ。リーズナブルな価格で、アパート退去時の不用品をまとめて処分してもらえます。

 

エコキャットがおすすめの理由

・即日の回収依頼が可能(関東エリア全域対応)
・到着まで最短25分
・出張見積もりは無料で対応
・LINEでの見積もりや相談もOK
・深夜や早朝にも対応可能
・部屋の掃除やハウスクリーニングにも対応
・搬出や分類などスタッフにお任せ
・引っ越し補助サービスも利用可能
・トラック載せ放題プランなら家電リサイクル料込み

などなど、アパート退去による不用品処分が、便利で手軽に依頼いただけるシステムが魅力です。

 

即日の回収依頼にも対応できるので、今すぐ何とかしたい!という場合にも便利。

出張見積もりには無料で対応可能ですが、時間がないというときはLINEなどを使ったオンライン見積もりも利用可能です。

 

エコキャットのトラック載せ放題プランがおすすめ

アパートで大量の不用品が出てしまった場合には、単品での回収よりもパック料金プランが良いでしょう。

エコキャットでは、各種トラック載せ放題プランをご用意。不用品の量や大きさに合わせて、適切な料金プランをご提案いたします。

 

パック料金なら搬出作業や車両代などもコミコミでとってもオトク!

見積もり後の追加費用などは一切発生しませんので、安心して回収依頼ができます。

 

アパート退去など引っ越し時ならよりオトクに利用可能

今なら「引っ越し割引希望」とお伝えいただくとお得になるキャンペーン実施中!

  • 不用品回収:10割引
  • 不用品回収+部屋掃除:15%割引

アパート退去に伴う不用品処分なら、普段よりもずっとオトクに利用できます。

ぜひこの機会に、エコキャットへ見積もり相談をしてみてはいかがでしょうか。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com