遺品整理士とは?遺品整理は不用品回収業者がおすすめのわけ

遺品整理士とは?遺品整理は不用品回収業者がおすすめのわけ

遺品整理士とは?遺品整理は不用品回収業者がおすすめのわけ

遺品整理士認定協会という団体があります。
遺品整理士認定協会は 遺品整理を適切に行うための「遺品整理士」を送り出している団体です。

 

まずは遺品整理士とはどんなものなのか、遺品整理士認定協会が発足した背景や資格の詳細などをご紹介します。

 

この記事は、

 

  • 遺品整理をしたいけれどどんな点が重要なのかわからない
  • 遺品整理をなるべく早く終わらせたい
  • 精神的に遺品整理をすることが困難
  • 悪徳遺品整理業者に当たりたくない

という方へ向けた内容になっています。

 

遺品整理はご遺族にとって、故人を偲ぶための大切な儀式のようなものでもあります。
正しい遺品整理とはどのようなものなのかを確認してみてください。

 

遺品整理はご遺族が自身で行うこともできますが、不用品回収業者を利用して遺品整理を終わらせる方が故人にとっても、依頼されたご遺族にとっても最良だと言える理由も説明します。

 

1)遺品整理士とは

不用品回収業者でも遺品整理士が在籍している業者が増えてきました。
まず始めに遺品整理士とはどんな資格なのかご説明していきます。

 

【1】遺品整理士の仕事

遺品整理とは亡くなった方の遺品、つまり不用品の処分や片付け、お部屋の掃除などを行うことです。遺品整理といっても単純に不用品を処分するだけの作業ではありません。
遺品整理は故人の思い出の品や形見分けなど、一般的な不用品処分とは異なる作業を含みます。

 

遺品整理士は、亡くなった方の遺品を丁寧に仕分けし、不用品を法令に従って処分まで行う仕事です。当然ながら、ご遺族に配慮した仕分けや不用品を正しく処分する知識なども必要です。

 

【2】遺品整理士認定協会発足の理由

高齢化が進んでいることが遺品整理士協会発足の大きな理由です。高齢化と同時に、核家族化が進み、孤独死や老老介護などの社会背景が大きく関係しています。そのためご遺族が業者に依頼し、遺品整理を行うケースも増えています。

 

しかし中には悪徳業者も存在し、遺品を不法投棄したり、高額な料金を請求したりとトラブルも多発しています。

 

遺品整理士認定協会は「一般社団法人遺品整理士認定協会」が正式な名称です。
ご遺族の負担を軽減し、故人の供養を丁寧に行うことができるのが遺品整理士です。遺品整理士認定協会では、優れた遺品整理士の養成を行うことを第一の事業目的としています。

 

【3】遺品整理士の資格

遺品整理士の資格は、通信講座(2カ月程度)を受講し、課題を提出、合格すると取得できます。合格率はおおよそ70%となっています。

 

遺品整理士の資格取得は毎年3,000人弱ほどです。しかし、現代の急速な高齢化社会の背景を考えると、今後も遺品整理士のニーズはさらに高まっていくでしょう。

 

【4】遺品整理士の使命とは

遺品整理士認定協会では以下のように、遺品整理士の使命と設定しています。

  • ご遺族に代わり法規制を遵守した遺品整理をする
  • 遺品整理業に対して正しい対応を身につける
  • 遺品整理業の正しい理解を世の中に広める

 

遺品整理士は単に遺品整理を行い、不用品を処分するためだけの資格ではありません。遺品へのご遺族の思いにも配慮した法令を順守した不用品処分の知識や、故人の遺品をまごころ込めて扱うための心構えが必要なのです。

 

【5】遺品整理士の注目度

遺品整理を自分で行えないわけではありません。ただ、核家族化や高齢化が急速に進んでおり、遺品整理を自分で行うことが困難な時代になっていることも事実です。そのため、プロの業者を利用して遺品整理を行うことも多くなっています。

 

しかし、遺品整理において悪徳業者も存在しています。高額な料金を請求されたり、遺品をぞんざいに扱われるのはご遺族としては許しがたいことだと思います。遺品整理士という資格を取得していることがご遺族に安心と信頼を与えているのです。

 

2)遺品整理を自分で行う際の注意点

先に述べたように、遺品整理はご遺族が行うことも可能です。しかし、遺品整理を行う上での注意がもいくつかあります。

 

【1】遺品整理だけに時間をかけない

人が亡くなったときには、遺品整理だけではなく、さまざまな他の手続きも行っていかなければなりません。ご遺族が遺品整理をすることで、気持ちの整理をすることができるのはメリットではあります。ただ時間を多くかけられないケースも多くあります。

 

①賃貸物件の明け渡しまでに時間がない

故人が賃貸物件に住んでいた場合には、賃貸物件の明け渡しまでの時間が短いケースがあります。
本当ならば、1つ1つの遺品を仕分けし、故人を偲びながら遺品整理を行いたいと思うのがご遺族の気持ちかと思います。

 

しかし賃貸物件の場合には、何カ月もそのままにしておくことはできません。賃貸物件の解約手続きも発生しますので、遺品整理の時間は長くとることは難しいのです。

 

②故人の契約は解約する必要がある

遺品整理の際には、故人が契約されていたものを解約することも必要です。
賃貸契約と同様に、電気やガス、水道、電話回線などの解約手続きをしておかないと支払いが発生します。

 

【2】捨ててはいけない遺品に注意

遺品整理では、残すものと処分するものに仕分けしておかなければなりません。
残すものについては次のようなものです。

 

①現金・通帳・カード・書類など

現金や通帳、カードなどは相続品です。証券などの書類についても相続対象となります。
故人のタンス貯金が発見された場合でも相続に関わってきますので、タンスや本棚などの処分をする際によく確認するようにしましょう。

 

②資産価値のあるもの

アクセサリー類や美術品、骨董品などは資産価値のあるものとなります。資産価値があるものも相続の対象となります。売却することも可能ですので、処分しない方がよいでしょう。資産価値があるか判断できない場合は、査定をしてみるのも手段の1つです。

 

③故人の思い出の品

故人が大事にしていたものも保管しておくことをおすすめします。自分には必要ないものであっても、親族がとっておきたいという場合もあります。ものによっては相続の対象になる可能性もあります。処分してしまった後では取り返しがつかないものもありますので、一時保管とした方がいいでしょう。

 

【3】遺品整理が近所迷惑になる場合もある

大きな家具の解体や運び出しなどは、騒音も発生します。集合住宅では遺品整理が近所迷惑になってしまうことも多々あります。近所とのトラブルを避けるためにも、騒音がなるべく出ないように配慮することやあらかじめ騒音が出る可能性があることを近所の方に伝えておくようにしましょう。

 

【4】精神的・肉体的に負担がかかることを認識しておく

遺品整理と言っても、大きな家具から家電、日用品にいたるまで全てのものを仕分けしていく必要があります。中には思い出の品も処分しなければいけないためにストレスを感じる方もいらっしゃいます。仕分けをするだけではなく、家具や家電の運び出しで肉体的にも負担がかかります。遺品整理は精神的・肉体的にも大きな負担がかかってしまうことを認識しておきましょう。

 

3)不用品回収業者エコキャットの遺品整理がおすすめの理由

遺品整理はこれまでご紹介してきた通りご遺族が行うことは可能ですし、これまでは家族や親戚などが集まって行うことも一般的でした。しかし大切な人が亡くなってしまったことで精神的に大きなショックを受ける方もいらっしゃいます。

 

エコキャットは、法令に則った正しい遺品整理を行っている不用品回収業者の1つです。
不用品回収業者エコキャットが遺品整理におすすめの理由をご紹介します。

 

【1】見積り無料で比較しやすい

遺品整理を行う不用品回収業者はたくさんあります。料金も業者によって異なるため、何社かに見積もりを取って比較してみることをおすすめします。エコキャットでは見積もり無料となっており、比較した結果、他社の方が料金が安かった場合には、再度ご相談いただけます。

 

【2】わかりやすい料金設定で遺品整理が可能

エコキャットでは、定額プランを設定しています。遺品整理では、大量の不用品を処分する必要がある場合が多くあります。軽トラック~4tトラックまで、お部屋やお住まいの大きさに合わせて選ぶことができます。

 

【3】時間をかけずに遺品整理ができる

遺品整理をご遺族が行う場合には、生前整理を行っている場合でも1日~2日はかかります。生前整理を行っていなければさらに時間がかかります。エコキャットにご依頼いただければ、必要な作業や不用品の量にもよりますが、半日ほどで遺品整理が終わります

 

【4】希望の時間・すぐに遺品整理ができる

ご遺族が仕事で忙しいなどの理由でなかなか遺品整理が進まないケースも多く見受けられます。エコキャットでは基本的にはご希望の時間に伺います。また最短25分で到着して作業を始めることが可能です。また早朝や深夜などの時間帯に遺品整理を行うこともできます。

 

【5】遺品整理の仕分けから作業可能

遺品整理のポイントは、残しておくべきものと処分するものに仕分けることです。判断に迷って余計な時間がかかってしまうことも想定されます。エコキャットでは、さまざまな遺品整理の経験からお客様に最適なサービスを提供したいと考えております。

 

お客様のおかれた状況や予算の都合などに合わせて、仕分けから不用品の処分まで遺品整理で必要なサービスをお選びいただけます。

 

【6】対象となる遺品の品目が多い

遺品整理の最後には、大きな家具や家電、故人の所有していた洋服や書籍などの不用品を処分しなければなりません。家具や家電の場合には、自治体で回収を依頼することも可能ですが、リサイクル家電などの回収対象にならないものは別途処分方法を考える必要があります。

 

エコキャットは不用品回収のプロですから、回収対象となる品目が多く、一度にすべての不用品を回収することができます。場合によっては、買取ができる家具や家電などもあるのでご相談ください。

 

【7】丁寧なスタッフ対応

騒音が心配な遺品整理でも、エコキャットにお任せいただければ、近所迷惑になる事はありません
丁寧なスタッフ対応で、ご遺族にも遺品整理がスムーズに進んだと好評です。

 

まとめ

遺品整理士は、ご遺族に最大限に配慮した遺品整理を代わりに行うことができる資格です。
遺品整理士は核家族化や高齢化が進む中、なくてはならない存在として注目が高まっています。
これからも遺品整理士への期待は高まっていくに違いありません。

 

遺品整理は精神的にも肉体的にもご遺族に負担がかかる作業です。
遺品整理は遺品整理士だけでなく不用品回収業者でも行われています。

 

不用品回収業者エコキャットの遺品整理をご利用いただければ、精神的にも肉体的にも負担を減らすことが可能です。
エコキャットでは、故人の思い、ご遺族の思いを大切にして遺品整理を進めてまいります。
遺品整理でお困りの際には、ぜひエコキャットにご依頼ください。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com