引越し準備やることリスト!粗大ゴミは不用品回収業者で処分!

引越し準備やることリスト!粗大ゴミは不用品回収業者で処分!

引越し準備やることリスト!粗大ゴミは不用品回収業者で処分!

引越しは、一生のうちで何十回もする人は少ないと思います。

でもだからこそ引越しすることが決まって、いざ引越し準備をしようとした時に、
「何から始めたらいいかわからない」という方が多いのではないでしょうか。

 

実は引越しは、引越し備の手順をしっかり押さえておけばスムーズにいくのです。

 

  • 引越し準備でスムーズな手順がわからない
  • やることリストを作りたいけれど漏れがあると困る
  • 引越しの粗大ゴミの処分をどうしよう・・・

 

こんなお悩みを持っている人は、今回の記事で解決できるはずです。この記事では、まず引越し準備の手順としてやることリストをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

さらに、引越し準備で最もお悩みが多いと考えられるものが「粗大ゴミの処分」です。
粗大ゴミの処分は、不用品回収業者を利用するのがベストです。
粗大ゴミの処分に不用品回収業者「エコキャット」を利用するメリットもご紹介していきます。

 

1)引越し準備は手順が重要!

引越し準備は、手順さえしっかりと分かっていれば、後はその手順を順番に進めていくだけです。
引越し準備の手順をやることリストにしてありますので、ぜひ参考にしてください。

 

【引越し準備1】「引越しが決まったら」やることリスト

まずは引越しが決まってからなるべく早くすべきことをやることリストにしました。

 

①引越しする日を決める

引越しシーズンや土日などは、混雑するため費用が追加でかかることもあります。新居の入居日以降でもっとも良い日を決めましょう。

 

②引越し方法を決める

自分で引越し荷物を運ぶのか引越し業者に依頼するのかなど、引越し方法で引越し準備も変わります。自分で荷物を運ぶなら、レンタカーなどの手配も必要です。

 

③退去の連絡をする

旧居の退去の連絡はなるべく早めに行いましょう。退去日がいつなのかで家賃がいつまでかかるのかも異なります。駐車場の契約もしている場合には、忘れずに駐車場解約も行っておきましょう

 

④引越し業者を決める

自分でレンタカーを借りて引越しする場合以外は、引越し業者を比較し、どの業者にするのかを何社か見積りをとって決めましょう。このあと説明するダンボールの手配も可能か確認しておくことも重要です。

 

⑤ダンボールなどを準備する

近くのドラッグストアやスーパーなどからダンボールをもらうこともできます。引越し業者が、ダンボールを手配出来る場合には、いつまでにダンボールが必要か計算して依頼しておきます。

 

⑥粗大ゴミの処分方法を決める

新居にもっていかない粗大ゴミ、不用品の処分方法を決めます。このあと紹介するいくつかの方法を参考に、複数の方法を組み合わせて粗大ゴミを処分することも可能です。

 

⑦各種移転手続きをする

固定電話やインターネットなどの各種移転手続きを進めましょう。個々で必要な手続きが異なりますが、以下に挙げるものは早めに行う方が得策です。

 

  • 固定電話の移転
  • インターネット回線の移転
  • 新聞契約の解約
  • 婚姻届けの手続き
  • 収入証明書の手続き
  • 駐車場の解約手続き

 

【引越し準備2】「引越し1、2週間前」やることリスト

次は引越しの1、2週間前にやることリストです。

引越しが近づいてくるとどうしてもバタバタしてしまいます。受付できる期間もそれぞれ手続きごとに違いますが、できることはどんどん進めておく方が良いでしょう。

 

①役所関係の手続きをする

  • 転出届の提出
  • 国民健康保険の資格喪失届を出す
  • 印鑑登録の廃止手続き
  • 原動機付き自転車の廃車申告
  • 介護保険の転出手続き

 

②職場関係・学校関係の手続きをする

  • 仕事先への住所変更手続き(住民税の徴取元の変更)
  • 転校届を出す

 

③各種移転手続きをする

  • ガス会社への移転連絡(旧居・新居)
  • 電力会社への移転連絡(旧居・新居)
  • 水道局への移転連絡(旧居・新居)
  • NHKの移転連絡
  • 郵便局の転送手続き
  • 携帯電話会社への移転連絡
  • 銀行の住所変更
  • 火災保険・地震保険の契約変更
  • 医療保険やペット保険など各種保険関係の住所変更

 

④新居のレイアウトを決める

新居を決める際に、あらかじめメジャーで天井までの高さや窓のサイズなどを測っておくとスムーズです。見取り図で新居のレイアウトを考えておきましょう

 

⑤引越しの荷造り開始

ダンボールごとに何が入っているのか記入しておくと後の荷ほどきで楽になります。日常で使わないものから荷造りしていきましょう。すぐ使うものは後回しにするほうがいいでしょう。

 

⑥粗大ゴミ・不用品の処分

粗大ゴミ・不用品を処分するタイミングはもっと早くてもOKです。自治体に依頼して回収する方法や不用品回収業者を利用するなど、このあと詳しく説明しています。引越し準備と並行して行う必要がありますので、スピード感も重要です。

 

⑦一般ゴミを収集日に出す

自治体では燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、リサイクルするものなど収集日が決まっています。2週間に1回しか収集できないゴミもあるので、計画的に処分する日を決めておきましょう

 

⑧新居の掃除をする

新居の掃除をしておくと引越し当日に慌てずに済みます。前の入居者が残した家具などを見つけた場合には、管理会社に連絡してどのように対応するのか確認しておきます。

 

⑨旧居の掃除をする

賃貸物件の場合には、退去時の原状回復が求められます。粗大ゴミが残っていると残置物として処分費用を請求されることもあります。再度粗大ゴミや不用品がないかもチェックしておきましょう。

 

 

【引越し準備3】「引越し前日までに」やることリスト

引越し前日になると、次の日の引越しに向けた作業は大詰めです。引越し当日に慌てないように、忘れずに行なっておくことまとめてあります。

 

①洗濯機の水抜きをする

粗大ゴミで処分した場合は別として、新居に洗濯機を持っていく場合は水抜きをしておきましょう。ホースの水も抜いて、電源コードまとめておきます。

 

②冷蔵庫の中身を処分する

冷蔵庫の電源は前日に抜いておきます。中身は全て処分しておきましょう。どうしても冷蔵が必要な食品は、クーラーボックスに分けておくと良いでしょう。

 

③引越し挨拶の手土産の準備

新居のご近所に挨拶に行く際に手土産を持っていくことはおすすめです。当日バタバタして買い忘れていたということがないようあらかじめ数を確認しておきます。

 

④当日の荷物をまとめる

貴重品や現金、簡単な掃除用具、梱包道具など、旧居や新居ですぐに必要になるものは取り出せるようにまとめておきます。

 

 

【引越し準備4】「引越し当日」やることリスト

いよいよ引越し当日です。自分で荷物を運ぶ場合でも、引越し業者に依頼した場合でも次のやることリストを使って漏れがないように進めていきましょう。

 

①旧居の運び出し漏れを確認する

引越し業者に依頼した際には、特に荷物の運び出し忘れに注意しましょう。旧居に置きっぱなしになってしまうと残置物として後で処分費用が請求される場合があります。

 

②旧居を掃除する

退去後にはクリーニング業者入ることが多いですが、荷物の搬出でほこりやゴミも出るため、明け渡しに向けて簡単な掃除はしておきましょう。

 

③旧居の明け渡し

管理会社の立ち合いの元、旧居の明け渡しを行います。入居時にもらったカギだけでなく、スペアキーも返します

 

④新居の搬入物を確認する

新居で引越し荷物の搬入が終わったら、すべての荷物が搬入されたか確認します。降ろし忘れのトラブルも多いので、引越し業者の場合はトラックの中を見せてもらうようにしましょう。確認後、支払いを終えたら、引越し業者とのやり取りは終了です。

 

⑤新居でライフラインの開通

ガスの開栓は、あらかじめ予約しておいた時間に立ち合いが必要です。水道、電気は立ち合いは不要であることが多いです。

 

⑥引越し先の近所への挨拶

新居のご近所への挨拶を済ませましょう。手土産も忘れずに渡しましょう。

 

 

【引越し準備5】「引越し後」やることリスト

引越し業者とのやり取りが終了した後は、荷ほどきなども進めながら、同時に役所や各種手続きを進めていかなくてはなりません。中には期限内に手続きしないと、その他の手続きが進められなくなるものもあります。住民票の写しが必要な手続きもあるため、役所での手続きで住民票の写しを数枚発行しておくと便利です。

 

①役所関係の手続きをする

役所関係の手続きは、引越し後期限内に行わなければならないものもあります。

 

  • 転居届・転入届を出す(14日以内)
  • 国民健康保険の住所変更(14日以内)
  • 国民年金・厚生年金の住所変更(14日以内)
  • マイナンバーの住所変更(14日以内)
  • 印鑑登録と証明書の住所変更
  • 児童手当(子ども手当)の変更(15日以内)
  • 母子手帳の変更手続き

 

②各種登録変更手続きをする

役所以外にも、住所の変更手続きが必要なものが多くあります。

 

  • 転入学届を出す
  • 運転免許証の住所変更
  • 自動車やバイクの登録変更(15日以内)
  • パスポートの更新
  • 飼い犬の登録(30日以内)

 

③荷ほどきを進める

荷ほどき後に出たダンボールは、引越し業者に回収を依頼するか、資源ゴミとして処分します。

 

 

2)引越し準備で困る粗大ゴミの処分

 

ここまでにご紹介した引越し準備の中で、粗大ゴミの処分に困る人は意外にも多くいらっしゃいます。普段処分する一般家庭ゴミと違って、粗大ゴミの処分をする機会が少ないからだと考えられます。

 

【1】粗大ゴミの定義は?

まずは粗大ゴミの定義をご紹介します。自治体によって粗大ゴミの定義は異なります。

 

例えば東京23区のほとんどの自治体では「1辺が30cm以上のもの」を粗大ゴミと定義しています。
小さく分解したとしても、元の大きさが1辺30cmを超えるものは粗大ゴミとして取り扱われます。

 

【2】粗大ゴミに該当するものは?

家庭から出る、家具や家電、自転車、布団などの大きなものはすべて粗大ゴミです。

 

粗大ゴミの例

  • 本棚
  • ダイニングテーブル
  • 炊飯器
  • 扇風機
  • 自転車
  • 布団

 

粗大ゴミに該当するものは、一般家庭ゴミとは別の方法での処分が必要です。

 

【3】特別な粗大ゴミ「リサイクル家電」とは

粗大ゴミの中で「リサイクル家電」に該当する4品目は、粗大ゴミとしては自治体での回収はできません。リサイクル家電には次のようなものがあります。

 

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管式、液晶・プラズマ式)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

 

 

3)粗大ゴミの処分方法とメリット・デメリット

次は、粗大ゴミの処分方法とそれぞれの処分方法のメリット・デメリットをご紹介します。
引越し準備における粗大ゴミの処分は、費用の面や時間的な問題などもあります。

 

他の引越し準備にも費用や時間もかかりますので、最適な方法を選んで粗大ゴミ処分を計画的に進めていきましょう。

 

【1】自治体の粗大ゴミ回収に出す

各自治体の粗大ゴミ処分のサービスを利用して、粗大ゴミを回収してもらう処分方法です。古着や書籍などの細かいものは、一般家庭ゴミで回収してもらうか、リサイクルゴミとして回収してもらうなどの別の方法を選択することも必要になります。

 

【メリット】

  • 1つの品目ごとの回収費用が安い

 

【デメリット】

  • 申込手続きから回収完了までの時間が長い(1カ月以上かかることもある)
  • 回収品目が限られている(リサイクル家電は回収対象外)
  • 回収できる粗大ゴミの数が限られる(10個までのことが多い)
  • 大きな家具だと運搬が難しいことがある

 

【2】オークションやフリマアプリで販売する

インターネットオークションやフリマアプリで販売して処分する方法です。家電などは一部の機能だけ使えない場合でも、ジャンク品として出品することもでき、部品取りなどのために購入する人もいます。

 

【メリット】

  • 不用品として購入され収入になる
  • リサイクル・リユースの観点からエコにつながる
  • ほとんどのものが出品可能

 

【デメリット】

  • 購入されなければ別の処分方法を考える必要がある
  • 出品するまでの手続きが面倒
  • 配送手続きが大変

 

【3】リサイクルショップで買い取ってもらう

オークションやフリマアプリで販売する方法に似ていて、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらい粗大ゴミを処分する方法です。すでに故障しているものは、ほとんど買取対象とはなりません。また、リサイクルショップが買取できないものも多くあります。

 

【メリット】

  • 不用品として買取され収入になる
  • リユースが目的のためエコにつながる

 

【デメリット】

  • 買取対象になるものが少ない
  • 持ち込みする必要があるため運搬手段が必要
  • 故障品は処分できない

 

【4】友人や知人に譲渡する

不用品として友人や知人に譲渡する粗大ゴミ処分方法です。必要とする人への譲渡なので、喜ばれるというのは他の方法にはないメリットと言えます。ただし、故障品の場合にはそれを欲しがる人はあまりいませんので、他の処分方法も必要になります。

 

【メリット】

  • 友人や知人に喜ばれる
  • リユースが目的のためエコにつながる

 

【デメリット】

  • 故障品は譲渡するのは困難
  • 不用品の運搬手段が必要になる
  • 譲渡完了するまでに時間がかかることもある

 

【5】引越し業者に引き取ってもらう

引越し業者が、引越しと別に粗大ゴミ処分も行うことがあります。引越し業者に依頼をする際に、粗大ゴミ処分が同時にできるのかどうかを確認しておく必要があります。無料で引き取りを行う場合には、粗大ゴミ処分の費用は引越し費用に含まれてしまい、引越し費用の総額が高額になってしまうこともあります。

 

【メリット】

  • 引越しと同時に行うため依頼する手間が省ける

 

【デメリット】

  • リサイクル家電は引取り対象にならないことが多い
  • 引越し費用が総額で高額になることもある
  • 全ての粗大ゴミを処分できるとは限らない

 

【6】不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者に依頼して粗大ゴミを処分する方法です。不用品回収業者は粗大ゴミ処分のプロですから、リサイクル家電も含め、全ての粗大ゴミをまとめて処分することができます。 古着や書籍などの細かいものも回収対象になります。

 

【メリット】

  • リサイクル家電も回収対象になる
  • 古着や書籍など細かいものも処分できる
  • 希望日・希望時間に回収可能
  • 粗大ゴミ運搬の必要がない
  • 申し込みから回収完了までの時間が短い

 

【デメリット】

  • 粗大ゴミが多いほど費用がかかる

 

 

4)引越しの粗大ゴミ回収は「エコキャット」を利用するのがベスト!

ここまでにご紹介した粗大ゴミの処分方法の中で、引越しの際におすすめなのは不用品回収業者を利用することです。引越しの際には、とにかく他にも引越し準備がたくさんあります。役所での手続きなど、中には期限付きで手続きしなければならないものもあります。

 

不用品回収業者「エコキャット」は、粗大ゴミ処分だけでなく引越し補助のサービスも行っています。不用品回収業者「エコキャット」を利用すれば、 その他の引越しの手続きで間違いのないよう、スムーズに進めることができるということです。

 

【1】見積り無料で相談もできる

まずエコキャットは見積もりが無料です。不用品回収業者はエコキャット以外にもさまざまありますので、他の不用品回収業者と比較するためにまずは見積りを取ってみることをおすすめします。

 

【2】引越し時の粗大ゴミ回収もOK

自治体の粗大ゴミ回収の場合、回収できる品目数が限られているため、まとめて処分できないことがあります。また自治体では引越し時の粗大ゴミ回収を断られる場合もあります。不用品回収業者エコキャットなら、引越し時の粗大ゴミでもまとめてらくらく回収可能です。

 

【3】粗大ゴミをいつでもすぐに回収できる

引越し時には役所で書類での手続きをしなければならなかったり、ご近所への挨拶をしなければならなかったりとさまざまな作業を同時に進めていかなければなりません。粗大ゴミをいつ処分するかまで考えていなくて困ったという話もよく聞きます。エコキャットなら、お客様が希望した日、希望した時間に合わせて粗大ゴミ回収をすることができます。

 

【4】リサイクル家電も粗大ゴミで回収できる

ご紹介した通り自治体での粗大ゴミ回収は、リサイクル家電は回収対象外です。しかしエコキャットなら、リサイクル家電も他の粗大ごみとまとめて回収できます。

 

【5】仕分けや運び出しもラクラク

リサイクルショップに買取を依頼したり、友人や知人に譲渡したりする場合には、どうしても仕分けや運び出しをする必要があります。高齢者や女性が多い世帯の引越しでは、大きな粗大ゴミの運び出しは困難なことが多いです。エコキャットなら、仕分けから運び出しまで全てお任せできます。

 

【6】定額プランで粗大ゴミを全部回収できる

運び出しが難しい粗大ゴミだと、フリマアプリで販売も配送の作業が大変です。エコキャットの定額プラン「トラック載せ放題プラン」なら、軽トラックから4トントラックに載せらせる粗大ゴミをまとめて全部回収できます。

 

【7】引越しキャンペーンと高額買取でさらにお得に

エコキャットでは、定額プランの他に「新生活応援!お引越し割引キャンペーン」を実施中です。引越しのときに利用できる特別なキャンペーンで、さらにお得になること間違いなしです。不用品回収だけではなく、部屋の掃除もプラスしていただくと、なんと15%も割引になります。

 

  • 不用品回収・・・10%割引
  • 不用品回収+部屋掃除・・・15%割引

 

さらに、家電高額買取も実施中です。まだ使える家電が買取できれば、もっとお得になります。引越しのときにはキャンペーンを利用すれば、もっともっとお得に粗大ゴミを処分できるということです。

 

【8】支払い方法が選べる

引越し時には、新居の契約や旧居の解約時など予想外の出費も発生することもあります。エコキャットでは、現金支払いの他、銀行振込やクレジットカード決済なども可能です。支払い方法を選択できるので、計画的に予算を組むこともできるでしょう。

 

【9】引越し補助サービスもあり

エコキャットのサービスの中で好評なのが「引越し補助」サービスです。引越しの際には、新居に持っていく荷物と処分する荷物を仕分けする作業も非常に大変なものです。エコキャットの引越し補助サービスをご利用いただければ、慣れない引越し作業もスムーズに進むことは間違いありません。

 

【10】引越しのうるさい作業も近所迷惑にならない

引越しの作業は、引越し当日もそうですがかなり音が気になります。粗大ゴミ処分をする際にも、なるべく近所迷惑にならないような配慮も必要です。エコキャットなら、近所の迷惑にならないように作業して運び出しを行いますのでご安心ください。

 

【11】賃貸の原状回復もお任せ

引越し時には、旧居が賃貸物件の場合には原状回復が求められるはずです。長年使った設備は、なかなか自分では掃除しきれないところもあるでしょう。エコキャットにはハウスクリーニングのサービスがあります。換気扇やエアコンの掃除など、原状回復のためのクリーニングもできます。

 

 

 

 

まとめ

引越し時には、役所の手続きから引越し時の家財、衣類や食器の荷造り、運び出しなどのさまざまな準備があります。人生で何度も引っ越しする機会はほとんどの人がありません。そのため引越し準備に慣れない作業も多くあり、漏れのないように効率よく進めることが難しいわけです。

 

役所の手続きや引越し先の契約などをスムーズにもれなく行うためには、粗大ゴミ処分は時間をかけずに労力を少なくして行いたいと考える人が多いでしょう。粗大ゴミの処分を効率よく、時間をかけずに、労力を少なく進めていくには、不用品回収業者を利用することをおすすめします。

 

エコキャットなら定額プランも充実しており、引越し補助のサービスもあります。仕分けから粗大ゴミの処分までぜひエコキャットにお任せください。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com