効率的で安い!粗大ゴミ引き取りは粗大ゴミ引き取り業者へ!

効率的で安い!粗大ゴミ引き取りは粗大ゴミ引き取り業者へ!

効率的で安い!粗大ゴミ引き取りは粗大ゴミ引き取り業者へ!

大掃除や引越しの時には、どうしても大量の粗大ゴミが出て処分に困ってしまう方は多くいらっしゃいます。自治体やリサイクルショップ、粗大ゴミ回収業者など、粗大ゴミ引き取りをしてもらえる方法はいくつかあります。

 

しかしそれぞれの方法で粗大ゴミ引き取りまでの手順や料金、時間などが異なります
この記事はこんな方におすすめです。

 

  • 粗大ゴミが大量に出て処分に困っている
  • 安く粗大ゴミ引き取りできる業者を知りたい
  • 時間をかけずに粗大ゴミ引き取りできる業者を知りたい
  • 引越し粗大ゴミを一気に引き取りできる業者は?
  • リサイクル家電を粗大ゴミで引き取りできる業者は?
  • 大きな家具や家電を粗大ゴミとして引き取って欲しい

 

結論を申し上げますと、粗大ゴミ引き取りは粗大ゴミ引き取り業者に依頼するのがベストです。
その理由を粗大ゴミ引き取りの方法や手順、メリットやデメリットも交えてご紹介していきます。

 

 

1)粗大ゴミとはどんなもの?

まず「粗大ゴミ」と呼ばれるものには、どんなものがあるのかを見ていきましょう。品目によって、また、 粗大ゴミの引き取り方法によっては「粗大ゴミ」として定義できず、引き取りできない場合もあるので注意が必要です。

 

【1】自治体の粗大ゴミの定義は?

お住まいの自治体によって「粗大ゴミ」の定義は違います。ほとんどの自治体は、家具・家庭用品・家電など、1辺が30cmを超えるものを「粗大ゴミ」と定義しています。例えば、本棚やこたつ、扇風機などです。

 

家電や家具を分解したとしても一般ゴミとして回収できる自治体は少なく、粗大ゴミとして処分する必要があります。

 

【2】粗大ゴミでもリサイクル家電は特別

リサイクル家電と呼ばれる不用品は自治体での粗大ゴミ回収の対象にはなりません。特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)で、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進すると定められているからです。

 

リサイクル家電には次のようなものがあります。

 

  • テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)
  • エアコン
  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機

 

他にもパソコンは自治体での引き取りはできず、パソコンリサイクル法で決められた処分方法が必要です。

 

【3】自治体では引き取りできない粗大ゴミ

リサイクル家電の他にも自治体では引き取りできない粗大ゴミもあります。自治体によっても異なるため、引き取りできるか不明な場合には各自治体に確認しましょう。粗大ゴミとして自治体が引き取りできないものは以下のようなものです。

 

  • 事業で排出された粗大ゴミ
  • 産業廃棄物
  • 危険物(ガスボンベ・消火器など)
  • 自動車・オートバイ
  • ピアノ
  • レンガ・コンクリートブロック
  • おおむね180cmを超えるもの

 

 

2)粗大ゴミの引き取り方法

次に粗大ゴミ引き取り方法にはどんなものがあるのかご紹介します。ここで紹介する3つの方法以外にも引き取り方法はありますが、代用的なもののみ紹介します。

 

【1】自治体の粗大ゴミ引き取り

自治体が行う粗大ゴミ引き取り方法です。
粗大ゴミ受付センターなどに申込みをして、粗大ゴミの引き取りに来てもらいます。

 

メリットとしては、粗大ゴミ引き取りの料金が安く済むことです。品目によって引き取りの金額が異なります。サイトで確認するか電話で確認をして、あらかじめゴミ処理券を購入しておく必要があります。

 

デメリットとしては、引き取りまでの時間が長いということです。また指定場所まで粗大ゴミを運搬しなければいけないという点も時間や労力に余裕が無い方には不向きです。大量の粗大ゴミ引き取りが必要な場合には、自治体での品目や数も限られているため効率的とはいえません。

 

【2】リサイクルショップ粗大ゴミ引き取り

リサイクルショップに持ち込んで粗大ゴミ引き取りをしてもらう方法です。リサイクルショップで買い取りをしていることは多いので、少額ではあっても収入になり得るというメリットがあります。

 

しかし、粗大ゴミをリサイクルショップに持ち込むための運搬手段が必要になります。また全ての粗大ゴミを引き取りできるとは限らないというデメリットもあります。自治体の粗大ゴミ引き取りと同様に、時間や労力に余裕がないと難しい方が多いでしょう。

 

【3】業者での粗大ゴミ引き取り

業者での粗大ゴミの引き取りの方法もあります。引越しの際には引越し業者が粗大ゴミの引き取りを行なっている場合もあります。粗大ゴミ引き取り業者(不用品回収業者・粗大ゴミ回収業者)が粗大ゴミを回収し、リサイクルやリユース、廃棄処分などを行います。

 

時間や労力がかからず、希望した日に粗大ゴミの引き取りができるのはメリットです。特に時間や労力に余裕がない方にはおすすめの方法です。しかし、自治体の粗大ゴミ引き取りに比べると、やや費用が高めになることがデメリットです。

 

 

3)自治体の粗大ゴミ引き取りまでの方法

自治体粗大ゴミ

http://sodai.tokyokankyo.or.jp/Sodai/V2Index/0/0

ここで自治体の粗大ゴミ引き取りまでの方法を見ていきます。自治体によって違いはありますが、ほとんどの自治体がご紹介するような方法での引き取り方法です。

 

自治体の粗大ゴミ引き取りは、引越しシーズンや年末年始などの混雑する時期には、1カ月以上先まで引き取りの予約が取れないこともあります

 

【1】粗大ゴミのサイズや個数を確認

まずは引き取り希望の粗大ゴミのサイズや個数を確認します。品目として自治体のサイト上に記載がないものについてはメールや電話などで引き取り対象となるかどうかも確認が必要です。

 

【2】粗大ゴミ引き取りの申込みをする

次にサイト上の指定された方法で粗大ゴミ引き取りの申し込みをします。WEB申し込みができる自治体もあれば、電話のみ申し込みを受け付けている自治体もあります。申し込みの際には引き取りができる指定場所や時間も合わせて確認しておきましょう。

 

【3】販売店でゴミ処理券を購入する

申し込みの際に粗大ゴミごとに決められた金額のゴミ処理券を購入しておきます。販売店舗は自治体によって違い、サイト上に店名や場所などの一覧表が掲載されている場合もあります。ゴミ処理券は、おおよそ各自治体内にあるコンビニや商店などで購入できます。

 

【4】指定日に指定場所まで粗大ゴミを運搬する

粗大ゴミ引き取りの指定日になったら、定の時間までに粗大ゴミの回収場所まで運搬します。この時、あらかじめ購入しておいたゴミ処理券を粗大ゴミに貼付します。ゴミ処理券が貼付されていない粗大ゴミは引き取りできないので注意が必要です。

 

4)リサイクルショップ粗大ゴミ引き取りまでの方法

次は、リサイクルショップで粗大ゴミ引き取りをしてもらうまでの方法をご紹介します。リサイクルショップで引き取りを希望する場合には、運搬手段も必要になります。

 

【1】電話で粗大ゴミ引き取り可能かを確認する

ほとんどのリサイクルショップでは、粗大ゴミの引き取りできるものは「まだ使えるもの」に限られます。持ち込んだのはいいけれど、引き取り対象ではなかったために結局手元に残ってしまうという無駄足を防ぐために、電話で粗大ゴミ引き取り可能かどうかを確認した方がいいでしょう。

 

【2】リサイクルショップに持ち込む

引き取りを希望する粗大ゴミをリサイクルショップに持ち込みます。自家用車で持ち込める量のだ粗大ゴミなら、費用はさほどかかりません。大量の粗大ゴミ引き取りを希望する場合には、運搬できる軽トラックの手配なども必要になるでしょう。

 

 

5)業者での粗大ゴミ引き取りまでの方法

次に業者での粗大ゴミ引き取りまでの方法をご紹介します。引越し業者が、引越しと併せて粗大ゴミ引き取りを行う場合もありますが、今回は粗大ゴミ引き取り業者(不用品回収業者・粗大ゴミ回収業者)の方法を紹介します。

 

【1】粗大ゴミ引き取りの申込みをする

まずは、粗大ゴミ引き取りの申し込みを行います。まれに自宅のポストに入ったチラシで不用品回収を謳う業者もありますが、悪徳業者である可能性もあるためおすすめできません。公式サイト確認し、実績や口コミなどをチェックした上で見積もりの申し込みをします。

 

【2】見積りをとる

ほとんどの粗大ゴミ引き取り業者が、見積もり無料となっています。料金やサービス内容などを細かく比較するためにも、最低でも3社ほどの業者に見積もり依頼をしましょう。見積もり時には、キャンペーンの利用や買取など、費用を抑えるための方法もあるので忘れずに相談しておきましょう。

 

また支払いがいつになるのか、どのような支払い方法があるのか、 オプション料金がかかる場合があるのかどうか、キャンセル料金が発生するケースなども確認しておくと安心です。

 

【3】粗大ゴミ引き取り申込み

業者から提示された見積もり料金、内容で納得できたら正式な申し込みを行います。ほとんどの業者では、粗大ゴミの引き取り日時をお客様の都合に合わせて決定することになります。中には早朝や深夜などのイレギュラーな粗大ゴミ引き取りを行う業者もあるので、時間がなかなか取れない方は希望をしっかりと伝えましょう。

 

【4】粗大ゴミ引き取り作業

契約した日時に粗大ゴミ引き取り業者が自宅に訪問し、粗大ゴミ引き取り作業を行います。見積もりをしっかり取っておけば、ほとんどの場合問題なく作業は時間内に完了します。想定外の問題が発生した時には、依頼者と相談の上で追加の作業を行う場合もあります。

 

【5】引き取り料金の支払いをする

多くの場合、粗大ゴミの引き取りだけであれば、1時間もかからずに作業は終了します。作業が完了したら粗大ごみの引き取り料金の支払いを行います。業者によっても違いますが、現金支払いの他、現金支払い、クレジットカード決済やキャッシュレス決済など支払い方法を選ぶことができます。

 

 

6)粗大ゴミは粗大ゴミ引き取り業者で処分するのがおすすめ!

3つの粗大ゴミ引き取りまでの流れをご説明しましたが、それぞれの方法でメリットとデメリットがあります。粗大ゴミの引き取りは、粗大ゴミの量が多ければ多いほど業者に依頼することをおすすめします

 

【1】粗大ゴミ引き取り業者のメリット

粗大ゴミ引き取り業者での処分を行うにあたってのメリットは以下です。

 

  • 時間がかからない
  • 運搬する必要がない
  • 即日でも粗大ゴミの引き取りができる
  • 希望する日、時間に粗大ゴミ引き取りができる
  • 粗大ゴミを買取できる場合がある

 

【2】粗大ゴミ引き取り業者のデメリット

粗大ゴミ引き取り業者での処分を行うにあたってのデメリットは以下です。

 

  • 他人を家に入れることでストレスになる
  • 費用が他の方法に比べて高い

 

【3】粗大ゴミ引き取り業者がおすすめの人は?

紹介したメリットとデメリットを見てみると、粗大ゴミ引き取り業者がおすすめの人は以下のような人です。

 

  • 忙しくて粗大ゴミ引き取りの手続きに時間が取りづらい人
  • 女性や高齢者だけの世帯の人
  • すぐにでも粗大ゴミ引き取りを希望する人

 

引越しや年末年始には自治体の粗大ゴミ引き取りサービスは、非常に混雑します。そのため、大量の粗大ゴミを安全にスピーディーに引き取りできる粗大ゴミ引き取り業者を利用する方法がベストだと言えるわけです。

 

 

7)粗大ゴミ引き取りならエコキャットへ

エコキャット

https://eco-cat.net/

粗大ゴミ引き取り業者にもさまざまあり、料金設定やサービス内容なども違います。数ある粗大ごみ引き取り業者の中でも特におすすめなのがエコキャットです。エコキャットは粗大ゴミ引き取り業者のデメリットをカバーできるサービスも充実しています。

 

【1】粗大ゴミ引き取りの見積り無料

エコキャットは粗大ゴミ引き取りだけでなく、ゴミ屋敷の掃除や遺品整理なども行なっています。これらのサービスは全て見積もりは無料となります。見積もりを手寧にとって、お客様がご納得いただいた上で依頼されることを前提としているからです。

 

【2】年中無休で粗大ゴミ引き取り

エコキャットは、お客様のご希望の日時に伺えるように年中無休で受付をしています。引越しをされるお客様には快適な新しいスタートを、年始には気持ちよく新年を迎えられるようにと年中無休で対応します。

 

【3】粗大ゴミ引き取りはエリア内即日対応

エコキャットの対応エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉です。対応エリア内であれば、即日対応も可能です。思い立ったその日に住まいを一掃できることも、たくさんのお客様に喜ばれている理由の1つです。

 

【4】単品引き取りも大量引き取りも

エコキャットなら、粗大ゴミ引き取り対象外になりがちなリサイクル家電やパソコンなどの引き取りもスムーズです。単品の粗大ゴミでも大量の粗大ゴミでもまとめて引き取りいたします。まだ利用できる家具や家電は買取りできる場合もありますのでご相談下さい。

 

【5】定額プランで安くなる

大量の粗大ゴミ引き取りとなるとどうしても料金が高額になりがちです。エコキャットでは4つの定額プランをご用意しています。定額プランを利用することで、大量の粗大ゴミでもまとめて引き取りできます。エコキャットは一人暮らしの単身者から一戸建ての家族まで、快適なお住まいを維持するサポートができる粗大ゴミ引き取り業者です。

 

【6】明朗会計で安心

エコキャットでは見積りの際にしっかりと内訳もご説明し、お客様に最適なプランを提案します。明朗会計であることが、信頼できる・安心できる業者であることの証明でもあると考えています。少しでもお見積りで疑問がある場合には遠慮なくご相談ください。

 

【7】粗大ゴミ引き取りは深夜や早朝でもOK

エコキャットでは、昼間お仕事があって忙しくて片付けの時間のとれない方こそ、疲れをとる場所として住まいをきれいにしておくことが大事だと考えています。そのため、昼間の時間帯だけではなく早朝や深夜の時間帯でも粗大ゴミの引き取りに対応しています。ご希望の方はお見積りの際にご相談ください。

 

【8】不在でも粗大ゴミの引き取りができる

お客様の中には、他人に自宅を訪問されることがストレスになる方もいらっしゃいます。玄関先に引き取り希望の粗大ゴミを出していただければ、ご不在であっても回収に参ります。立ち合い不要であることで忙しくて時間がとれない方にもおすすめです。

 

【9】支払いはクレジット対応

エコキャットは、現金支払いの他、銀行振込、クレジットカード決済に対応しています。お支払いは作業が完了した後払いです。見積り時にご提示した金額そのままで作業も丁寧に対応しますのでご安心ください。

 

【10】キャンペーンでさらにお安く

粗大ゴミ引き取り業者を使うことで料金の面が心配になるデメリットをお伝えしましたが、エコキャットでは「お引越し割引キャンペーン」「WEB限定割引クーポン」といったキャンペーンも実施しています。キャンペーンについても見積りを申込みする際にスタッフにお申し付けください。

 

 

まとめ

自治体の粗大ゴミ引き取りやリサイクルショップでの粗大ゴミの引き取りでは料金が安くなる傾向にあります。しかし、時間や労力がとりにくい現代では、粗大ゴミ引き取り業者をお使いいただく方法がベストです。

 

粗大ゴミ引き取り業者を利用する上で心配なのは主に費用面となります。しかし、キャンペーンや買取サービスなどを上手く組み合わせていただければ費用面での心配はありません

 

粗大ゴミ引き取り業者エコキャットは、これまでに挙げた粗大ゴミ引き取り業者のデメリットをカバーしやすいサービスが充実しています。粗大ゴミ引き取りをお考えの方はぜひエコキャットにお任せください。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com